宜保愛子が韓国を嫌った理由とテレビから姿を消したワケとは?

宜保愛子という人物をご存知だろうか?

 

かつて日本屈指の霊能力者と言われ、[br num=”1″]メディアに引っ張りだこだった故人である。

 

だが、宜保愛子には様々な逸話が残されており、[br num=”1″]実は韓国を忌み嫌い、人気絶頂の最中、テレビから忽然と姿を消した。

 

果たして一体、そこにはどんな理由があったのかを紐解いてみよう。

 

宜保愛子について


【名前】 宜保愛子(ぎぼあいこ)

【生年月日】 1932年1月5日

【星座】 やぎ座

【享年】 71歳

【出身地】 神奈川県横浜市

【血液型】 不明

 

宜保愛子は幼少の頃に左目に火箸が落ちたことで失明寸前になり、[br num=”1″]先天的に右耳の聴力が無かったことを明らかにしている。

 

それが起因してか、霊能力に目覚め、[br num=”1″]子供の頃から周辺の人間から相談を受け付けることが多かった。

 

父親はオカルトを否定する懐疑主義者であったことから、[br num=”1″]そんな宜保愛子とはある種の確執があったという。

 

1961年にそんな宜保愛子の噂を聞きつけた[br num=”1″]テレビ局側が出演オファーを出して、テレビメディアに登場してから、一気に相談者が増えた。

 

その為に日本各地で講演会を行うようになり、[br num=”1″]1970年代からは日本テレビの伝説の心霊番組【あなたの知らない世界】で[br num=”1″]レギュラー並みの出演をするようになった。

 

ピークは1990年初期であり、1995年のテレビ出演を最後に姿を消した。

 

2003年5月に病気により他界した。

 

享年71歳。

 

宜保愛子が韓国を嫌った理由とは・・・

宜保愛子は昭和から平成初頭にかけて数多くのテレビ出演をしていた。

 

間違いなく日本で最もテレビに[br num=”1″]登場回数の多かった霊能者と言える。

 

そんな宜保愛子は海外でその霊能力を[br num=”1″]発揮することが多かったが、韓国の地に行くことだけは断り続けたというのだ。

 

確かにユリ・ゲラーとの会談や、アメリカなどに赴いて霊視を行い、[br num=”1″]自身の英語能力を披露する場面も多かった。

 

しかし、お隣の韓国に対しては、非常に嫌悪感を持っていた様だ。

[sp] [ad#co-1] [/sp]

宜保愛子が韓国に対して『おぞましい』と発言していた?

宜保愛子の韓国嫌いが有名になったのは、[br num=”1″]某テレビ番組のロケの為に韓国へ赴くところから。

 

飛行機で取材班と供に韓国に向かっていき、[br num=”1″]窓の外に韓国(朝鮮半島)が見えた時、宜保愛子は[br num=”1″]突然、『あんなおぞましいところには行きたくない!』と叫びだしたという。

 

当時、絶頂に売れていた宜保愛子の機嫌を逆撫ですると、[br num=”1″]その後の番組制作に支障がでると踏んだテレビスタッフは、[br num=”1″]そのテレビ番組をお蔵入りしたというのだ。

 

この逸話を暴露したのは某女性週刊誌であり、[br num=”1″]宜保愛子は嫌韓であるということが明らかになったのだが・・・。

 

また、一般人への霊視の際、相談者が[br num=”1″]所有していた青磁の器を見た際には、不吉といったという。

 

これは宜保愛子の著書の中にも記述されていたという。

 

青磁は中国から発祥し、その後、[br num=”1″]高麗(現在の朝鮮と韓国)に伝わった炻器の製造方法である。

 

宜保愛子が韓国を『地獄の入り口』としていた理由・・・

宜保愛子の韓国嫌いは、生前から有名であったが、[br num=”1″]彼女が地獄の入り口と表現していたとネットなどでは囁かれているようだ。

 

当然、宜保愛子が活躍していた時はインターネットは無かった為に、[br num=”1″]これは明らかに現在の人間が表現しているものである。

 

実際にはそんなことを言った記述はないが、[br num=”1″]宜保愛子の韓国を嫌がる姿勢は相当に強いものは間違いなかったと思われる。

 

と、いうのも宜保愛子が韓国(と、いうか高麗)をそこまで嫌っていたは、[br num=”1″]その地に伝わっているある伝統が理由にあると思われる。

 

それは【試し腹】と言われる、女性軽視の伝統であり、[br num=”1″]宜保愛子はこうした伝統が根強くあった彼の地を[br num=”1″]非常に毛嫌いしていたと見て取れる。

 

[su_accordion class=”試し腹”][su_spoiler title=”『試し腹の詳しい記述を知りたい方はこちらをクリック』”] 朝鮮半島で行われていたもので、父親が結婚前の自分の娘に対し、妊娠の可・否を調べる為に性行為をする事を云う。
大韓帝国の時代まであった風習だが、日韓併合後に直ちに禁止にされた。

「女は子を産む道具でしかない」朝鮮では、道具(女)が不良品(不妊症等)であってはならない。
故に、『これこの通り、妊娠できる体でございます』ということを証明するために、「種男」という男に娘を犯させ、
妊娠した状態で輿入れさせる。

これを「試し腹」と言います。

産まれてくる子供は、当然夫の血を引いていないため、妻と同じ奴隷的な身分しかなく、結婚はおろか
大人になるまで成長する者も稀だったと言われています。
(だから夫婦別姓なのですよ!妻は奴隷ですから。 なにが日本はおくれてるや!)

自分の娘を血縁の近い男(兄や叔父)に妊娠させて、妊娠できる女と証明させて嫁がせる儒教思想が
暴走した習慣だそうです。

日帝が禁止した朝鮮時代の風習だそうです。

永年の日常的近親相姦の結果、
理性や自制心を司る脳の前頭-葉が朝鮮人は委縮してしまい、
理性が働かないため、動物と同じで、-交尾したいときにレイプするし、強い人間には本能的に逆らえない-し、
動物と同じで弱いものをいじめるという、人間離れした、動物になってしまったのです。
今、ヒトモドキと言われる所以です。

朝鮮人特有の病気(症状?)で火病(ファビル)というのが
あります。
要は切れたら(怒ったら)止まらない、理性がきかないと
いうものです。
原因は上記の脳に欠陥があるからです。

引用:Yahoo知恵袋の質疑応答より

[/su_spoiler] [/su_accordion]

だが、実際にはこれは宜保愛子の霊能力と直接の関係性はなく、[br num=”1″]こうした嫌韓思想が後に批判を浴びることにもなったと言われている。

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

宜保愛子がテレビから姿を消したのは、ある人物の・・・

宜保愛子は前述した通り、日本で最もテレビ出演をこなし、[br num=”1″]経済的にも成功した霊能者であると言える。

 

テレビからの出演依頼は1990年代前半には殺到し、[br num=”1″]著書もベストセラーを叩き出したが、忽然と姿を消した。

 

それはテレビメディアが宜保愛子と[br num=”1″]オカルトに対して否定的な科学者やコメンテーターなどと[br num=”1″]対決させるという企画を上げ始めたからだ。

 

宜保愛子はこれに対して、[br num=”1″]しっかりと自身の主張と論理を展開しており、[br num=”1″]霊能力を信じない否定派の最候補である大槻義彦もその姿勢には賞賛をしていた。

 

だが、実は宜保愛子が後に最後のテレビ出演の際に、[br num=”1″]テレビの仕事を断るようになった理由を明かしている。

 

それはある女優が宜保愛子を頼ってきて[br num=”1″]相談にも乗ってあげたのに対して、陰ではその女優が宜保愛子を[br num=”1″]誹謗中傷していたことを知ったからである。

 

それに加えて自身の体調も悪化してきたことも、[br num=”1″]理由であるが一番はよくある人間関係であったということか。

 

また時代の流れはオカルトを肯定するものから、[br num=”1″]否定する流れに移り変わってきているのを感じ取ったのかも知れない。

 

宜保愛子の霊能力が絶大な支持を受けていた時代は、[br num=”1″]それに乗るかの様に多くのエセ霊能者や悪徳宗教が跋扈してきた背景がある。

 

彼女が姿を消してから程なくオウム真理教の問題なども出てきて、[br num=”1″]神仏、宗教、霊などに関係する人物や概念がこぞって叩かれだした。

 

ある意味、その流れを事前に読んでいた[br num=”1″]宜保愛子は退くべくして退いたということにならないだろうか?

 

おわりに

宜保愛子の韓国嫌いと[br num=”1″]テレビから突然、姿を消した理由を紐解いてみた。

 

そもそも霊能力というものは[br num=”1″]現在の科学では全くといっていいほど、根拠がないものである。

 

だが、日本は元々は宗教の国であり、[br num=”1″]古代の知恵である占術や神仏を尊ぶ伝統がある。

 

宜保愛子の霊能力が紛い物と称する人間も多かったが、[br num=”1″]これだけ活躍し、実績を残したという意味においては[br num=”1″]素直に賞賛してもいいのではないだろうか?

 

また宜保愛子と一番、持っている知識などを[br num=”1″]駆使して対決してきた科学者も、その人柄は非常に素晴らしいと評しているのだ。

 

本物、偽物と決めつけるよりも、[br num=”1″]そうした深いところをみるべきなのではないか?

 

現在はそう感じる伝説の霊能者であると、感じているのだが・・・。

 

error: Content is protected !!