元爆風スランプのメンバーであり、
日本を代表するファンクベーシストの江川ほーじんが
交通事故で意識不明であったことが発覚。

 

現在、ネット上のファンなどに
江川ほーじんの関係者が募金を募る活動を行っているのが話題だ。

 

ここでは江川ほーじんの事故に関して、
分かりうる限りの情報をまとめてみよう。

 

Sponsored Link

江川ほーじんについて

江川ほーじんは1961年6月15日に生まれた
大阪府出身のミュージシャンであり、担当はベース。

 

本名は江川芳仁といい、1982年に爆風スランプの前進である爆風銃に加入した。

 

その後、1989年に爆風スランプの
プロデューサーとの確執が原因で、爆風スランプを脱退している。

 

その後、他アーティストへの楽曲提供や、
ベーシストとしてライブに参加しながら、自身のバンドを持っている。

 

また、ベーシストとしてスラップ奏法を編み出した
伝説のファンクミュージシャン・ラリーグラハムを信奉する人物としても知られている。

 

ミュージシャン活動の傍ら、音楽教材などの講師などとしても、
江川ほーじんは出演しており、現在、活躍するベーシストで
彼の影響を受けた者は数多い。

 

江川ほーじんの事故とはどのようなものだったのか?

江川ほーじんの公式WEBサイトの告知から、今回の報道ははじまっている。

江川ほーじんが、2018年12月上旬に交通事故に遭いました。懸命の治療を続け、少しずつ回復の兆しは有るものの現在も意識は戻っていません。

この度、募金を集めてご家族にお渡しし、少しでも役立てて頂きたいという気持ちと共に、より良い治療環境により一日も早い復帰をと願う気持ちを込めて、ファンキー末吉/西野やすし/西村ヒロ/の3名を発起人として「江川ほーじん募金」を開設致しました。

引用:江川ほーじん公式WEBサイトより

去年末に交通事故を起こしたことが原因で、
現在も尚、意識不明の状態が続いているということで、これは重体ということであろう。

 

しかし、回復の兆しがあるとして、
意識が戻らないというのは、相当、容態は悪いと見て間違いはない。

 

どの位、激しい事故だったのか?と、いう具体的な詳細は、
公開されていないので正確な情報は分からない。

 

しかし、事故を起こして2ヶ月経った現在でさえも意識が戻らないというのは、
凄まじい交通事故に遭遇してしまったということだろう。

 

江川ほーじんの交通事故が切欠で集まるファンたちの反応

江川ほーじんが交通事故を起こして
意識不明の重体という報道がなされてから、ネット上では多くの反応が伺える。

 

 

 

 

現在、ファンたちも率先して、ツイッターなどで募金を呼び掛けている。

 

尚、募金活動の中心にいるのは、
元同じ爆風スランプのメンバーであるファンキー末吉、ミュージシャン仲間の西野やすし、
西村ヒロの三人が発起人となって広く呼び掛けている。

 

また、江川ほーじんの治療費に宛てる目的で
3月上旬まで日本各地でライブを行うことも決定されている。

 

江川ほーじんは筆者もミュージシャンだった頃に、
非常に影響を受けた御仁なので、積極的に活動には参加させてもらおうと思っている。

 

おわりに

江川ほーじんの交通事故の概要などは、
現在は不明だが、いずれは明かされることとなるだろう。

 

だが、当の江川ほーじんが意識不明の重体ということで、
その多額の治療費の為に仲間が募金活動をしているというのが
衝撃的な展開であるとも言える。

 

しかし、幸いなことに意識不明でありながらも、
どうやら命には別状がない様子なので、復活を期待して、
我々ファンが出来ることからしてあげればいいだけの話だ。

 

Sponsored Link