デイヴィッド・ロックフェラーは心臓移植を6回もした上で死去! 死因が・・・ クローンやロスチャイルドとの噂とは?

世界を牛耳るという陰謀論で有名な[br num=”1″]ロックフェラー家の第三代当主のディビッド・ロックフェラーが死去。

 

心臓移植を通算、6回もした上に、[br num=”1″]クローンを作っているなどという噂も囁かれていた[br num=”1″]ロックフェラーの死因が疑問である。

 

ロスチャイルドとの対立も噂される中、[br num=”1″]果たして更なる黒い噂が巻き起こることになるのだろうか?

 

デイヴィッド・ロックフェラーについて

【名前】 デイヴィッド・ロックフェラー

【生年月日】 1915年6月12日

【星座】 ふたご座

【享年】 101歳

【出身地】 アメリカ合衆国

【学歴】 ハーバード大学

【職業】 政治家・銀行家

【所属】 共和党

【活動】 1940年

 

石油事業を独占し、巨万を富を得た[br num=”1″]ジョン・ロックフェラーを祖父に持つ第3代ロックフェラー家当主。

 

敬虔なクリスチャンでありながら、[br num=”1″]貧欲な勉強家でも知られるデイヴィッド・ロックフェラー。

 

ハーバード大学を卒業後には、[br num=”1″]ロンドンのLSEに留学し修士号を取得。

 

更にシカゴ大学で経済学博士号を取得するなどの学歴を持ち、[br num=”1″]先進国の共通の政策を協議し合う私的組織の設立や[br num=”1″]チェース・マンハッタン銀行の頭取兼CEOに就任している。

 

博愛精神による慈善活動を行う人間を指す[br num=”1″]フィランソロピストを自称していたが、多くの人間からは[br num=”1″]認められていなかった様子。[br num=”1″](この理由については後述)

 

デイヴィッド・ロックフェラーの死去と死因について

デイビッド・ロックフェラーは[br num=”1″]2017年3月20日、アメリカ・ニューヨーク州のポカンティコヒルの自宅で死去。

 

その死因はAP通信によると、安楽死となっている。

 

安楽死とは言葉とは裏腹に穏やかではない言葉だ。

人または動物に苦痛を与えずに死に至らせることである。

一般的に終末期患者に対する医療上の処遇を意味して表現される。

が、本質的には、死刑の執行、動物の殺処分など、対象や目的は限定されない。

かつては6回の心臓移植をし、[br num=”1″]不死についての研究や実践をしていたデイヴィッド・ロックフェラー。

 

101歳まで生き延びた後にいきついたのは[br num=”1″]安楽死というのは、果たしてその心境には何が起きていたのだろうか?

 

次はディヴィッド・ロックフェラーが[br num=”1″]前述したフィランソロピストに関して、[br num=”1″]疑問を呈されていることについて触れてみよう。

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

ロックフェラーのクローンとロスチャイルドとは?

ロックフェラーとロスチャイルドは[br num=”1″]陰謀論では欠かすことの出来ない二大巨頭の一角。

 

第三代の当主であるロックフェラーは[br num=”1″]これまでに6回もの心臓移植を行っており、[br num=”1″]その度に新しい心臓を手に入れたと豪語していた。

 

こうした言動により、[br num=”1″]かつてはその財力に物を言わせて、[br num=”1″]自分専用のクローンを作っているのでは?と、いう噂も囁かれている。

 

一人の人間が6回もの心臓移植を[br num=”1″]出来るということにも苦言が呈されており、[br num=”1″]ディヴィッドに適合する心臓を持った人間は[br num=”1″]スペアとして殺められるという噂があるのだ。

 

ロスチャイルドとは互いに[br num=”1″]世界の資本を牛耳る一族として、友好的であったと囁かれていたが、[br num=”1″]現在は対立しているという見解もあり。

 

2014年のデイヴィッドの次男である[br num=”1″]リチャードが飛行機事故により墜落死したのは[br num=”1″]、暗殺であったという噂も出ている。

 

おわりに

デイヴィッド・ロックフェラーが[br num=”1″]不可解な突然の死去報道に際して、その死因には首を傾げただろう。

 

かねてより心臓移植やクローン、[br num=”1″]ロスチャイルド家との対立などで、黒い噂が絶えなかったが、[br num=”1″]何にせよ101歳まで生き延びたという寿命は恐れ入る。

 

間違いなく歴史に名を残したということではあるが、[br num=”1″]果たして裏では何が起きていたのだろうか?

 

我々、庶民には到底、理解が出来ないことが広がっていたに違いない。

 

error: Content is protected !!