千葉大学医学部の逮捕された加害者たちの名前が上がらない理由は親にあり?!

千葉大学医学部の逮捕された加害者たちの名前が公表されない理由に様々な憶測が飛び交っている。

 

やはり慶応ミスコン事件などで噂されている、加害者たちの親が裏で手をまわしているのだろうか?

 

これまでの千葉大学医学部の事件で明らかになっている事実をまとめてみよう。

 

千葉大学医学部の逮捕報道に対する疑惑

女性に対する集団暴行をした千葉大学医学部5年生の男子学生グループのうち3人は既に逮捕されている。

 

逮捕後の供述として、彼らが口をそろえて言うのは、『やっていない。』という容疑の否認だ。

 

この加害者の男子学生らは、20歳を超えた成人である為に事件報道では、実名を明かされるのが普通であるが、それがない。

 

これに対して、千葉県警は以下の様に名前を明かさない理由を公表している。

 

・被害者女性の特定に繋がる可能性があり、彼女に対しての嫌がらせなどが懸念される。

・事件に関係する共犯者などの捜査に支障が生じる

 

そして、更に公表した千葉県警の意向は、目を疑う記述があった。

 

・今後も加害者たちの氏名などの発表の予定はない。

 

これにより、やはり出てくるのが、ある疑惑である。

 

千葉大学医学部の加害者たちの親が関係?

報道されないこうした事件の裏には決まって、学生の親たちが暗躍しているというのは、ご存知だろうか?

 

当然、自分の子供を有名な大学に入学させるだけの資力と人脈を持っているということは、その親御たちは社会的にもそれだけの地位にいるということだ。

 

なかにはこれに当て嵌まらない学生の親や学生本人もいるのだが、こうした親の力で子供の不祥事がもみ消されるといったことは、過去に枚挙に暇がない。

 

おそらくは千葉大学医学部の加害者たちの親は警察関係の幹部、政治家などと関係している人間が含まれていると思われる。

 

警察という組織は非常に面子を重んじるのは知られており、誰であろうと犯罪者は逮捕しなければならない責務は果たすが、警察の面子が丸潰れになる情報などはもみ消すという性質がある。

 

いずれは週刊文春などの大手メディアが、その取材力を発揮させて氏名や顔などをすっぱ抜くことになるのだろうが・・・。

 

千葉大学医学部の加害者たちのまとめ

現在までに明らかになっている千葉大学医学部による集団強姦事件の情報を列挙してみよう。

 

・逮捕された千葉大学医学部の加害者たちは3人

・加害者たちは医学部の5年生

・被害者となった女性は20代であり、医学部の関係者であると思われるが明確な情報はない。

・加害者たちと一緒にいた人物として、気になるのは研修医の立場にある男性

・千葉大学側も警察当局も、逮捕拘束しているものの、氏名や顔の公開をしないと発表

・加害者たちの親族には大物の陰があるという疑惑

 

簡単にまとめてみると、この様になるわけだ。

 

事件の詳しい詳細は別の関連記事に列挙しているので、そちらを目を通して頂けると幸いだ。

 

おわりに

千葉大学医学部は関東有数の大学であり、そこに入る為には親もそれなりの力を持っていなければならない。

 

そして、過去の類似犯罪や不祥事を起こした親が警察当局などに顔がきく立場にあると、やるべきことは如何にもみ消すかなどの不貞行為。

 

自分の子供が逮捕されるというのは、それは即ち今までの人生が変わるということになる。

 

親も被害者であると感じる部分はあるが、しかし、これを許していては社会に未来はないと感じるのだが・・・。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG