阿藤快の死因がヤバすぎる! 死去の後に判明した意外な事実とは?

阿藤快はお茶の間にも知れ渡った名優であり、芸能界で最もいい人で表裏がないと評価が高かったタレントだ。

 

そんな阿藤快が死去は2015年の秋に突然、知れ渡り、その死因には多くの反響があったのだ。

 

阿藤快に死去前には一体、何が起きていたのだろうか?

 

阿藤快について


【名前】 阿藤快(あとうかい)

【別名】 阿藤海(あとうかい)

【本名】 阿藤公一(あとうこういち)

【生年月日】 1946年11月14日

【星座】 さそり座

【享年】 69歳

【出身地】 神奈川県小田原市

【血液型】 A型

【学歴】 東京都立大学法学部

【所属】 ボニート

【デビュー】 1969年

 

阿藤快は中学高校では野球少年であり、大学に入ってからは弁護士を目指していたという。

 

しかし、弁護士の夢に挫折してからは、原田芳雄や中村敦夫の影響を受けて、役者を志すようになる。

 

特に原田芳雄を兄として慕い、彼が死去するまでその交流は続いたという。

 

大柄な体格と強面の為に俳優になってから、暫くは悪役として起用されることが多かった。

 

バラエティ番組に出演しだしたころから、そのコミカルで気さくな人柄がうけて、悪役のイメージは払拭されて、最もいい人と形容されるようになった。

 

俳優だけではなく、タレントとしても永続的に活躍していたが、2015年に突然の死去報道がされた。

 

ちなみに死去した日は奇しくも阿藤快の69歳の誕生日であったという。

 

阿藤快の死因が判明しているが・・・

阿藤快の死因は【胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう)】と死去後に判明している。

 

胸部大動脈瘤は高血圧などが原因で起こるものとされ、動脈硬化により血管が膨らんだ状態になる。

 

身体の中で最も太い血管である大動脈が、それにより破裂し出血を起こして激痛の為に呼吸困難に至るという。

 

阿藤快は死去前には事務所のスタッフなどに『背中が痛い』と呟いていたそうで、生前には塩分の濃いラーメンを好んで食していた。

 

そうした塩分の濃いラーメンなどは、高血圧の原因の一端になったりすることもある。

 

背中の痛みと相まって、死因である胸部大動脈瘤を引き起こしてしまったのではないか?と、言われている。

 

阿藤快の死去後に分かったことが・・・

阿藤快の死因である胸部大動脈瘤は、決して引き起こされても即死に至るものではない。

 

とてつもない激痛が襲う為に、早急に病院に連絡出来れば、対処されるものだ。

 

しかし、なぜ死去に至るまでに何も出来なかったのかと言えば、自宅で倒れた際に家族がいなかったことが挙げられている。

 

阿藤快は既婚者であったが、嫁とは別居中であり、一人暮らしをしていたというのだ。

 

既婚者であるにも関わらずに、なぜ別居していたのかは、別記事で触れるとして、家族の存在がいたならば、助かっていたかも知れなかったという。

 

おわりに

阿藤快の死因は非常に激痛を伴うものであり、死去の際には非常に苦しんでいたことが推察される。

 

芸能界で最もいい人で表裏の無い俳優と謳われながらも、死去後に暴露される事実は、それまでの阿藤快のイメージを覆すショッキングなものだったが、それは別記事で・・・。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG