八千草薫の現在がついに明らかになった。

 

ネット上では死去説まで囁かれる位に
表舞台から姿を消していた時期もあったが、
何と現在はすい臓がんを患っていたという。

 

こういう話になると、一部のネット上では余命は?
などということが囁かれそうだが、
この話題について掘り下げてみよう。

 

Sponsored Link

八千草薫の現在はすい臓がん

八千草薫の現在を知らせる新しい情報が飛び込んできた。

女優の八千草薫(88)が、昨年がんの手術を受け、闘病中であることが8日、スポーツ報知の取材で分かった。

この日、テレ朝は4月スタートの連ドラ「やすらぎの刻(とき)~道」で八千草が演じる予定だったヒロインが風吹ジュン(66)に代わることを発表。約70年の女優人生で仕事を休んだことがほとんどない中でのドクターストップ。静養して治療に専念し、再起を目指す。

引用:スポーツ報知より

これまで女優という仕事を愛して、
休んだことが無いほどの八千草薫が降板したというのは、
非常に病状は重いものであると予想される。

 

しかし、それだけではなさそうだ。

 

八千草薫のすい臓がんのステージは?

新しい情報ではステージは
公開されてはいないが、気になる節がある。

抗がん剤治療と定期検診を続ける中、今年に入って肝臓付近にがんが見つかった。本人は責任感が強く治療を後回しにしてでも仕事続けたい希望を伝えたという。しかし、医師から治療に専念することを勧められ、納得したという。

引用:スポーツ報知より

八千草薫は2017年12月にすい臓にがんが見つかっていらい、
2018年1月には7時間にも及ぶ摘出手術を受けていたという。

 

だが、今回、肝臓付近にもがんが発見されたことで、
大事をとって仕事を休んで、復帰に向けて動いているという。

 

転移しているということと、抗がん剤治療をしているということで、
ステージはⅡ、Ⅲとも思えるが、朗報ともいえる情報もあるので、そちらにも触れておこう。

 

八千草薫は現在、すい臓がんから復帰に向けて

88歳という高齢であり、抗がん剤治療をしているということで、
余命の心配がなされそうだが、こんな情報もある。

体調管理を聞かれた際には、毎日同じ時間に体重計に乗ることを日課と答えている。食事も腹7分までと決め、体重だけでなく基礎代謝も測り、体調の細かな変化をチェックしてきた。1月に88歳になったが、驚異的な若さを誇る八千草に年齢は関係なく、あくまで復帰を見据えての静養と受け止めているという。

引用:スポーツ報知より

あくまで復帰に向けての前向きな
休養生活に入ったということで、すい臓がんの病状は決して重いとは言い難い。

八千草薫の余命を推し量る者もいそうだが・・・

芸能人や有名人が、日本人を蝕み浸食している
『がん』という病気にかかると、決まって飛び出すのは余命の憶測である。

 

今回、八千草薫がすい臓がんにかかっていた情報を受けて、
おそらくネット上では余命は?と、いう憶測がいくつも湧き上がることだろう。

 

確かに88歳という高齢であり、
がんの手術、再発などが認められるその身体は決して健康体とは言い難いだろう。

 

だが、余命などというのは、
他人はおろか自分すら分からない未知の領域だ。

 

かつて故・小林麻央が壮絶ながんの闘病生活を送っていたときなどは、
こうした余命話がネット上でふんだんに交わされていたものだ。

 

しかし、そんな根拠のないゴシップなどは、
芸能人にとっては当たり前の様に噂される。

 

それは今回の八千草薫の現在に関しても言われることであろう。

 

だが、あくまで本人は復帰に向けての休養ということなので、
是非、往年の名演技をいずれ近いうちに
我々、お茶の間の市民に見せつけて欲しいものだ。

 

Sponsored Link