渡辺謙の浮気を報じた文春の内容には・・・不倫相手は誰なのか?

渡辺謙に文春砲が炸裂した。

 

浮気が発覚した渡辺謙であるが、詳しい内容には驚くべき事実があった。

 

渡辺謙の不倫相手である女性は何と・・・。

 

渡辺謙の不倫を文春が砲撃開始!

渡辺謙の不倫を週刊文春がスクープとして取り上げた。

 

2017年3月30日発売の週刊文春(2017年4月6日号)に詳しい内容が掲載されているが、3月29日の時点で予告編として、先行報道が成されている。

 

週刊文春の渡辺謙の先行不倫報道に際してのネットの反応は厳しい。

・文春、まだ今年も不倫で頑張ってるけど、大物すぎてコメントに困る。

・男の中の男ってイメージが台無しですな。夫として父としてどうかと思う。

・ゲスの仲間入りしてしまった?

・文春って海外までマークしてるから、ある意味怖い。不倫ダメ。ゼッタイ。

・果歩さんと離婚してからにすれば良いでしょ。

・奥さん最近まで闘病中だったと思ったけど?これが本当ならがっかりどころの話じゃないですね。見損なったわ。

・奥さんは最近まで闘病中だったはず。しかも娘と近い年齢の人と不倫だなんて…大物すぎてその分ショックというかなんというか…。

渡辺謙の嫁である南果歩に対する同情が伺える辛辣なコメントが目立つ。

 

週刊文春がスクープとして取り上げた渡辺謙の具体的な浮気の模様と、不倫相手の女性の詳細に触れてみよう。

 

渡辺謙の不倫はニューヨークで・・・

2017年2月18日に渡辺謙は嫁の南果歩と供にニューヨーク・マンハッタンにいた。

 

南果歩はその夜にサンフランシスコに飛び、渡辺謙と離れたが一人になった渡辺謙が招いたのが、不倫相手の女性だった。

 

渡辺謙と南果歩は、ニューヨークの拠点として、月4000ドルの高級アパートに住んでいる。

 

南果歩の留守を見計らって不倫を働く渡辺謙の素行は、確かに批難を浴びても仕方がないだろう。

 

結局、南果歩はニューヨークに戻らずに、ロサンゼルスに向かったといい、渡辺謙は不倫相手と1週間も過ごしていたのだ。

 

この不倫相手の女性は、渡辺謙が日本に帰国したときにも密会を重ねているそうで、それは大阪や気仙沼などでも不倫関係は行われていたという。

 

渡辺謙と並々ならぬ不倫関係を重ねるこの女性とは一体、誰なのだろうか?

 

渡辺謙の浮気相手は一体、誰なのか?


渡辺謙の不倫相手は36歳の元ジュエリーデザイナー。

 

現在は実家で暮らしており、働いてはいないそうで、料理教室に通っているそうだ。

 

元々は大阪市内の名門女子高を出てからは、女性ファッション誌の読者モデルの活動もしていたという。

 

20代後半から宝飾関係の専門学校に通い、いずれは自身のブランドを立ち上げようとしていたという。

 

2013年8月末に映画【許されざる者】の試写会の後に向かった大阪・北新地のクラブで、渡辺謙と不倫相手の女性は知り合った。

 

当時、不倫相手の女性は同クラブのNo.1ホステスであったという。

 

容姿は女子アナの田中みな実のような清楚な顔立ちをしているそうで、当時は大阪の会社を経営する社長と交際していたという。

 

出会ってから1年後には男女の関係を持つようになったが、渡辺謙に次第に本気になった不倫相手の女性はクラブを辞めて、交際していた社長とも別れたのだ。

 

お互いに不倫関係以上の男女の仲になっていることが分かるのが、次の内容。

 

不倫相手の女性がねだったわけでもないのに、渡辺謙がティファニーの指輪をプレゼントしているという。

 

正にこれは泥沼必至のとんでもない不倫騒動になることだろう。

 

更に奇妙なことがある。

 

文春が極秘に手に入れた渡辺謙と相手の女性との不倫写真画像だが、元々は渡辺謙が自撮りしたものだという。

 

しかし・・・ネットの反応に興味深い意見がある。

・ソファーで寝ている写真って誰が撮ってるの….?

ネットのユーザーが指摘している写真は構図からして、渡辺謙の携帯電話を使って不倫相手の女性が撮ったものだろう。

 

こうしたプライベートの写真画像が流出したのだが、渡辺謙の携帯電話のデータをどうやって週刊文春は手に入れたのだろうか?

 

そして、そこにアクセスできる人間は、たった2人しかいないと思うのだが・・・。

 

不倫相手の女性が文春に持ち込んだという可能性も捨てきれないが、だとすれば、恐ろしいことだ。

 

おわりに

渡辺謙も週刊文春のエジキにかかってしまったわけだが、今回の不倫報道はその人気をガタ落ちさせるものとなるだろう。

 

イメージダウン間違いなしの浮気発覚に、ネットの反応の非常に冷たい。

 

そして不倫相手の女性だが、文春の報じた内容や写真画像などを考慮してみると、どうも解せない箇所があるのだが・・・。

 

あくまで憶測であるが、今はただ続報があることに期待するばかりだ。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG