紀平凱成 (きひらかいる) という天才ピアニストをご存知だろうか?

 

自閉症を患っていながらも、恐るべき天才的な能力を発揮している異色の人物だ。

 

ここでは紀平凱成の詳細と供に家族や彼女などの情報などを調査してみようと思う。

 

Sponsored Link

紀平凱成について

【名前】 紀平凱成 (きひらかいる)

【生年】 2001年

【星座】 非公開

【年齢】 17歳(2019年1月時点の年齢)

【出身地】 東京都

【血液型】 非公開

【学歴】 国立音楽院

【デビュー】 2018年7月

 

紀平凱成は幼少から自閉症を患っていたという。

 

2歳の頃に自閉症と診断されていたものの、驚異的特殊能力が備わっている不思議な子であったという。

 

普通の子供が言葉を覚えようとする頃から、既にアルファベット、数字、漢字などの複雑な言葉に興味を持ち始めていたことが起因しているのかも知れない。

 

その興味は次第に音楽に傾くようになり、程なく絶対音感という特殊能力が芽生えていたことも有名である。

 

一度だけ聴いた楽曲を自宅のエレクトーンでコピーして演奏したり、年長時期には作詞や作曲を手掛ける程の驚異的スピードで音楽の才能を伸ばしていったという。

 

そんな紀平凱成がピアニストを志すようになったのは、小学校に上がりたての頃。

 

その頃の様子は映像に記録されており、現在はYouTubeなどにアップロードされている。

 

 

そんな紀平凱成は13歳、中学1年生の頃には何と東京大学先端科学技術研究センターと日本財団が行っている人材養成プロジェクトである【異彩発掘プロジェクト】のホーム・スカラー第一期生に輩出されていく。

 

おそらくは地元でも評判の天才少年であったことから、噂がプロジェクトの関係者に届いた事が切欠なのかも知れない。

 

紀平凱成の驚くべきエピソードは後述するとして、すくすくと成長する紀平凱成は16際になるとイギリスの音楽大学である【トリニティ・カレッジ・ロンドン】の上級認定試験に高得点をたたき出して合格。

 

その抜きんでた音楽センスと将来を見出されて、奨励賞までも獲得してしまう。

 

翌年、17歳になったころには、何と同大学の学士資格までも取得するという離れ業をやってのけたのだった。

 

このことは音楽関係のメディアでも多数取り上げられ、ついに2018年7月にピアニストとしてソロデビューを果たした。

紀平凱成の凄まじい天才エピソードを抜粋

自閉症を患っている人間の多くは、どこか影を落としがちな印象があるが、紀平凱成の場合はそうではなかった。

 

それが幸いして、幼少の頃から驚異的な能力を周囲に見せていたのだった。

 

驚くべき逸話として語り継がれているのは以下の通り。

 

・5歳の頃、√(ルート)計算をしだす。

・遠い過去の曜日が瞬時に分かっている。

・英語の歌詞は丸ごと完全コピーできる。

・過去のスケジュールを緻密に分刻みで記憶できる。

・一度赴いた土地や場所の地図は全て記憶している。

・聴いたものは全てコピーできる絶対音感。

 

などなど、枚挙に暇がない。

 

こうした特殊能力によって、ストレスを感じやすい子供であったことが分かっている。

 

だが、恐ろしいほどの記憶力と聴覚の持ち主であったことは間違いないだろう。

 

そんな紀平凱成の家族はどのような接し方で、自閉症と特殊能力を宿した彼と接していたのだろうか?

 

紀平凱成の家族や彼女などは?

紀平凱成という自閉症でありながら、天才ピアニストとして名を馳せた現在、多くのネット有志達がその詳細を追っている。

 

紀平凱成の家族の詳しい詳細は謎のベールに包まれており、基本的にはプロフィールなどを見ても公開されている記述は非常に乏しい。

 

しかし、主に紀平凱成を支えていたのは母親の由起子さんであり、自閉症と診断されたころ、紀平凱成とのコミュニケーションの一環としてピアノを自宅に用意したという。

 

おそらくは母親の由起子さんも音楽が好きでピアノを演奏できる人物であると思われるが、どうだろうか?

 

こんな遠い過去のちょっとしたことが切欠で、紀平凱成という天才ピアニストが誕生したというのは、何か運命を感じずにはいられないと思えるが・・・。

 

現在の紀平凱成は高校二年生であり、通っている高校は国立の音楽院であるということが判明している。

 

端正な顔立ちの為に彼女の一人がいてもおかしくはないと思えるが、そうした浮ついた噂も無い様なので、こういった話が明るみになるのは当分、先なのかも知れない。

 

おわりに

紀平凱成の多くのエピソードや現在、分かりうる限りのエピソードをまとめてみた。

 

家族は母親の名前が明らかになっているだけで、特に他には兄弟の有無などは判明していないが、いずれは存在していたのならば、公に情報が公開されることもあるかも知れない。

 

紀平凱成はまだ17歳ということで、彼女の存在なども気になるところではあるが、これもまた遠い未来に何らかの形で明らかになることもあるかも知れない。

 

現在はテレビ出演も時折果たしているという自閉症というどこか重い言葉を冠した天才ピアニスト・紀平凱成の活躍は今後も注目できるところと言えよう。

 

Sponsored Link