池江璃花子が白血病を
自身のツイッターで告白したことが、話題となり日本中に衝撃を醸し出している。

 

現在の女子水泳界を代表するスイマーであり、
その活躍はまだまだこれからだと思っていた矢先の告白に、
関係者、メディアは動揺を示している。

 

池江璃花子の白血病の程度や、
各界の反応などをまとめてみようか。

 

Sponsored Link

池江璃花子が白血病を告白!

池江璃花子は自身の情報発信の場である、
ツイッターとインスタグラムに以下の様な文面を
投稿したのは2019年2月12日の午後15時。

応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。
この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。
私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。
ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。 

池江璃花子

ショッキングな告白であるのは、誰の目から見ても明らかである。

 

池江璃花子自身が言っているが、
今後、競泳者としての活動は療養する為に自粛することになってしまう。

 

池江璃花子のインスタグラムに対する反応

また同じ文面ではあるものの、
インスタグラムには大きな花の画像と供に白血病を患っている報告がなされている。

 

 

View this post on Instagram

 

* 応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。 日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。 この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。 私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。 ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。 今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。 池江璃花子

Ikee.Rikakoさん(@ikee.rikako)がシェアした投稿 –


これに対して、ファンや報道を聞きつけた
スポーツ関係者やファンなどが、我先へとコメントを投稿しているのが、涙ぐましい。

 

・日本中が奇跡を祈っていると思います。早く治れ!

・重くてつらい病気だけど、治して、また活躍してくれるのを楽しみにしてます❤️ カムバックするまではゆっくりしてね! 私たちは池江選手のために祈ります🤲 待ってます!

・ひとまず焦らないで、ゆっくり休んで下さい。何も出来ませんが、献血、骨髄バンクで心ばかり応援させて頂きます!

・必ず治ると信じています!今は治療に専念して、必ず強い、速い池江さんを待ってます!応援しています❕

・You will win also this challenge

・応援しています!私たちは何もできませんが、心より回復して東京で金メダルを獲得することを願っています!

・正直、驚きを隠せなかったのとショックを受けました💦どうかゆっくり治されて、、また元気な姿を見せてくださいね。璃花子選手の笑顔、大好きです!

 

コメントはほんの一例であり、
続々と激励と祈りの声が、池江璃花子のインスタグラムに寄せられている。

 

またその声は日本人だけではなく、
海外のファンや関係者なども寄せている事に注視できる。

 

それだけ池江璃花子の競泳者としての実績が、
圧倒的なものであったことを物語っていると思われる。

 

池江璃花子自身、報告の文面に書いている通り、
治らない病気ではないと豪語している以上は、
しっかりと休養をとり完治させる意気込みがあるということ。

 

そして、それは2020年の東京オリンピックにまで
何とか間に合わせようとする意気込みにもとれるのだが・・・。

 

池江璃花子の白血病について

池江璃花子の白血病は、
急性リンパ性白血病と言われるものであると思われる。

 

これは実は著名な俳優や他のスポーツ選手なども患ったことで、
非常に有名な病として知られるようになった。

 

云わば『血液のガン』といってもいいものであり、
原因は老化によるもの、ウイルス感染や有機溶剤が体内に取り込まれたこと、
喫煙など様々なことが挙げられている。

 

だが、実は正確な原因の詳細は現在でも不明な点が多く、
一説には大量の放射線を浴びた被爆や、抗がん剤治療を受けたあとも、
白血病が起きやすいとも言われている。

 

しかし、池江璃花子はまだ18歳という若くて
体力旺盛な女性であり、健康には人一倍気を使って生きてきた選手だ。

 

なので一般的に言われている
白血病の原因にはあてはまるとは言い難い。

 

ところがこの白血病というのは、
一見、不治の病と思われそうだが、そうでもない。

 

むしろ従来の『がん』よりも、完治例が多い病気でもあったりする。

 

分かりやすいように有名なところを挙げさせてもらうと、
俳優の渡辺謙は1989年に急性骨髄性白血病を発症し、生命が危ぶまれた。

 

だが、1年の闘病生活の後に、復帰を果たしている。

 

サッカー選手の早川史哉も2016年4月に急性リンパ性白血病を患い、
一旦、選手契約を解除した後、一年半の療養生活を経て、現在は
練習試合にも参加しシーズン復帰の為に調整中だ。

 

この様に白血病とはいっても、割と集中的に療養生活を送れば、
元々が強靭な肉体と精神力がある人間ならば、
完治させて復帰させることは充分可能なのである。

 

おわりに

池江璃花子が白血病を告白したことが、
現在、凄まじい勢いで全世界のマスコミとファンを騒がせている。

 

ツイッターやインスタグラムなどにも、
津波のように激励の言葉が池江璃花子に届いていることも、今後の闘病生活の励みになっていくと思われる。

 

まだ18歳の若さで、これから更なる飛躍が望まれていた
池江璃花子にとっては、悪夢の様な白血病の発症。

 

だが、これもトータルで見れば、
必ず何かの意味があることだと思いたい。

 

2020年7月のオリンピックまでに完治させて、復帰というのは
少々、絶望的であるかも知れないが、それをやり遂げたとしたら、確実に歴史に名を残す
女性スイマーとなれるだろう。

 

そして、おそらくは本人もそれに望むつもりで、
敢えて白血病の告白に踏み切ったのではないだろうか?

 

Sponsored Link