【みたまうつしの儀】とは? 市川海老蔵がブログでつづった神道の儀式に迫る!

【みたまうつしの儀】とは、何やら意味深な名称である。

 

これは市川海老蔵が自身のブログで小林麻央を弔った際に行われた葬儀の方法である。

 

日本古来の伝統である【神道】に根差した儀式について触れてみよう。

 

みたまうつしの儀とは一体、どのようなものか?

【みたまうつしの儀】というのは、日本古来からの伝統である【神道】における通夜祭で行われるものだ。

 

通夜祭の中にも様々な儀式があるが、みたまうつしの儀とは遷霊祭(せんれいさい)とも呼ばれている。

 

これは夜に行われるものになり、故人や参列者が入室する部屋の灯りを消して、闇にする。

 

そして亡くなった故人の魂を遺体から、霊璽(れいじ)と呼ばれる位牌に移す儀式なのだ。

 

難しい表現で言えば、御霊代(魂のこと)を他の場所に移しかえることを指している。

 

これが市川海老蔵が小林麻央を弔う際に行った一つの儀式である【みたまうつしの儀】であるのだ。

 

みたまうつしの儀を行う意味は一体なんなのか?

日本古来の宗教である【神道】の基本概念は万物には神が宿っているというのが根底にある。

 

つまり故人の魂を遺体から、霊璽などの固形物に移しかえることによって、その故人は死しても尚、この世界に魂を残していることになる。

 

そして、それは神となり、生きている人が尊ぶシンボルになるといってもいい。

 

みたまうつしの儀によって、魂を別の物に移しかえられた故人は神となり【諡号(おくりな)】が与えられる。

 

生きている時の名前とは別に神となった故人には更に新たな名前が与えられるというのだ。

 

現代人にとっては、あまり馴染みが薄いこうした儀式は、古来から神道というものに根差した伝統の様式美であり、非常に複雑に感じる。

 

しかし、現在も尚、こうした伝統にそって動いている組織や団体、果ては政治の世界にも密接な繋がりもあるのだ。

 

市川海老蔵のブログから神道の【みたまうつしの儀】が注目された

市川海老蔵が2017年6月25日のブログ更新で、【みたまうつしの儀をおえ】というタイトルで更新。

 

それは、小林麻央の遺体から魂が霊璽に移しかえられたということを表していると言えよう。

 

この後は告別式が行われると思われ、これには一般の参列者も参加できると思われる。

 

あくまで市川海老蔵や関係者がどういった人間を告別式に参加させるのかによるのだが、ファンという間柄の人間には参列は厳しいと思われる。

 

何故ならば、日本中に数万という小林麻央のファンがいるわけだから、告別式などはそれらの人間によってパニック状態に陥ることが予想されるからだ。

 

それらの告別式などが終わった後は、いよいよ出棺と火葬が行われていくのだ。

 

おわりに

【みたまうつしの儀】という神道になぞった弔いをしているのも、市川海老蔵が日本の伝統芸能である歌舞伎の家柄を守っているからだ。

 

冠婚葬祭、並びにその他の催しというのは、自分の祖先が何を信奉しているかによって、違ってくる。

 

日本には多種多様の宗教があるのだが、日本人の本当の宗教というのは、神道であることを知らない人間は本当に多くなったものだ。

 

市川海老蔵が自身のブログで発信した【みたまうつしの儀】という言葉は経て、再度、自分の祖先のルールを思い返してみると良いと思う。

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG