【成宮寛貴】フライデーの第3弾の続報! 友人Aの更なる証言内容とは?!

成宮寛貴のコカイン吸引疑惑を報じたフライデーが更に第3弾の続報を刊行。

 

そこには成宮寛貴のスキャンダルをリークした友人A氏の更なる証言が記事になっている。

 

全文を通して感じることは、非常に具体的であるということだが、果たして・・・。

 

フライデーによる成宮寛貴の続報・第3弾

成宮寛貴が引退して逃亡という大きな見出しが目立つ第3弾のフライデーの続報は、かなり挑戦的なものとなっている。

 

記事全文を通しての印象は、あくまで成宮寛貴がコカインを吸引している疑惑は真実であり、様々な批判をもろともしない強固な姿勢が伺える。

 

成宮寛貴の疑惑を報道するだけに留まらずに、一連のフライデーの報道に激怒や批難を表したタレントたちにも、その真意を問いただしている。

 

友人A氏の最新の証言

成宮寛貴のコカイン吸引疑惑・第3弾も、友人A氏の最新の証言が元に構成されている。

 

内容はA氏と成宮寛貴が交流するに至った経緯や、4年前から成宮寛貴がコカインを吸引していたという暴露が具体的に記されていた。

 

4年前にA氏が成宮寛貴と知り合った場所は六本木のバーと一体になったクラブ。

 

この時は挨拶程度で、親しい関係をもつことは無かったそうだが、2016年10月の初めに再会。

 

クラブのスタッフから成宮寛貴を紹介されたA氏。

 

成宮寛貴もA氏のことを記憶しており、一緒に飲もうと誘われたという。

A氏の証言

僕がヒロキの横に座った時には、既にコカインのパケが置かれていて、彼は中に入った粉を起用に鍵ですくって鼻から吸っていた

フロアとVIPルームは1枚のカーテンでしか遮られていないのに、よくこんなリスキーなことをするなと思いました

引用:フライデー 12/30号 成宮寛貴・徹底追及第3弾より

A氏は成宮寛貴は六本木や西麻布に行きつけのクラブが4、5箇所あり、クスリ漬けと思われる程に、コカインを常用していたということを話している。

友人A氏の証言は更に核心へ・・・

成宮寛貴を知るA氏の証言はまだ続く。

 

10月の初めに再会したのを切欠にA氏と成宮寛貴は、六本木のクラブで何度も顔を合わせる様になったという。

 

成宮寛貴はクラブに行くと、店内で4~5時間ほど過ごすのだが、その度にコカインを吸っていたのだそうだ。

 

コカインが吸いたくなると、近くにいる人間に買いに行かせていたということも暴露。

 

人目を気にする時もあり、トイレでコカインを吸う時もあったそうで、クラブのスタッフはそれを黙認しているようだったという。

 

そして、驚くべきことにA氏はこんな証言もフライデーに話している。

A氏の証言

ヒロキはクラブでコカインを満喫し、ラリったままの状態で自宅マンションに帰ることもありました。

ある時、電話をかけてミニバンが迎えに来たんです。

ヒロキが店を出ると、慣れた様子で車に乗り込んで、運転手に「家まで行って」と、伝えていた。

その自然なやり取りから、マネージャーみたいな、いつも一緒にいる仕事関係者なんだろうと思いました。

引用:フライデー 12/30号 成宮寛貴・徹底追及第3弾より

フライデーが第3弾で報じたA氏のこの証言が真実なのであれば、これは更に驚くべきことだ。

 

また、証言にあるように仕事関係者が、もしも成宮寛貴のコカイン吸引を知っていた上で放っておいていたのならば、これもまた衝撃の内容と言える。

 

あくまでミニバンで迎えに来た人間が、仕事関係者だった場合の話だが・・・。

 

批難に対するフライデーの反撃?!

成宮寛貴のコカイン吸引疑惑を12月の初めから報道しているフライデー。

 

それにより成宮寛貴が芸能界引退を発表したことで、フライデーはファンやその才能を惜しむ一部のタレントから批難されている。

 

今回の第3弾の続報では、テレビやツイッター上でフライデーに向けたと思われる発言をした、石原良純、きゃりーぱみゅぱみゅ、乙武洋匡などに発言の真意を問う直撃と取材をしている。

 

テレビ番組【ワイドナショー】で激怒交じりだった石原良純は、それとは対照的にトーンダウンしていたという。

 

また、きゃりーぱみゅぱみゅや乙武洋匡は、担当者や事務所を通して、フライデーのことを指しているわけではないと、いう様な曖昧な返答だったそうだ。

 

フライデー側は、これは薬物犯罪に関する報道であるとし、犯罪行為に対する認識が足りないと第3弾の続報記事の全文から見て取れる。

 

今回の成宮寛貴のコカイン吸引疑惑に対して否定的な人間に、あたかも反撃をしているかの様な印象さえ感じた、今回のフライデーの続報だったが・・・。

 

 

>2017年約3000万PVマークした当サイト

2017年約3000万PVマークした当サイト

2021年現在はGの呪縛から逃れて気楽に運営中。
随時、ライターを募集しております。

CTR IMG