堂安律は現在、最も攻撃的なサッカー選手として、人気のある男だ。

 

しかし、名前が少々、変わっていることから、堂安律が高校の頃、有名になったころから囁かれているのは・・・

 

『日本人ではなく、韓国人?』などというネット特有の下世話なゴシップだ。

 

今回はこれらに着目してみよう。

 

Sponsored Link

堂安律について

サッカー好きのフリークは既に知っていることであるが、全く分からない方の為に軽くプロフィールなどを掲載しておこう。

1998年兵庫県生まれ、三兄弟の三男。

兄の影響でサッカーを始め、名門・ガンバ大阪ジュニアユースに入団。

中学2年生の時に全国大会で史上初の三冠を達成。

高校2年生でトップチームに帯同し2015年5月にACLのFCソウル戦で公式戦デビュー。

2017年6月に19歳でオランダ・FCフローニンゲンに移籍。

1年目からレギュラーとして活躍し、2018年9月に日本代表に初選出の20歳。

所謂、子供の頃はサッカー好きの少年であり、人気漫画・キャプテン翼の様な生き方をリアルで具現化したかのような生き様が堂安律そのもの。

 

だからこそ、実は少年少女に人気がある所以でもあったりするのだが、今回のお題は堂安律が日本人ではないというテーマだ。

 

堂安律が日本人ではないだと?

そもそも、何故、堂安律が日本人ではないという噂がネット上にばら撒かれているのか?

 

まず一つ目の理由は、その名前である。

 

堂安律(どうあんりつ)は、苗字が堂安で名前が律という。

 

堂安という苗字は珍しい名前であるし、見た印象では日本人というよりは、むしろ中国、韓国などの名称に『堂』という文字はよく用いられる。

 

名前も律ということであり、こちらも中国の歴史上の人物などにも、同じ名前を冠している者は多い。

 

こうしたことから、名前の見た目の印象で堂安律が日本人ではないと決めつけている人間が多いのだ。

 

あとはネット上では非常に恥ずかしいことなのであるが、誹謗中傷する時には『韓国人』や『中国人』と言ってしまった方が、ヘイトが広まりやすいという傾向がある。

 

このグローバル社会において、人種で差別するということ自体が恥ずかしいことであるのだが、未だにこうした偏った差別主義を思想に抱えている輩は多数いる。

 

そして、そういう輩はこぞってネットを使った情報発信を好んでいたりするのだ。

 

堂安律は若くして有名になったサッカー選手である為に、当然、アンチも多数いるのは明白。

 

若くして才能を開花させて認められた人間には、慕う人間もいるが、一定数の嫉妬や僻みなどでアンチ側に回る。

 

そうしたアンチが名前の印象や雰囲気などから、堂安律を日本人ではないと吹聴し、ネット上で拡散しているというのが真相であると思われる。

 

結論からいって、堂安律は名前は少々、変わっているものの日本人である。

 

次はその根拠をみてみよう。

 

堂安律の高校や日本人である証拠とは?

堂安律は中学生の頃から既に所属チームを3連覇に導くほどの才能の持ち主であった。

 

出身中学は尼崎市立小田南中学校。

 

その後、鳴り物入り高校に進学。

 

その際、追手門学院高等学校に入学するも、そこは堂安律が求めるサッカー練習が出来る環境では無かった為に、別の高校へ編入する。

 

向陽台高校は通信制を導入していた為に、堂安律は学業とサッカーを両立させるスタイルを選び、それを行うことに成功している。

 

ちなみに堂安律の苗字である『堂安』についても触れてみよう。

 

堂安というのは主に兵庫県姫路市と大阪府に集中している苗字であり、日本に130世帯しか存在していない稀な苗字。

 

由来はかつての豪族のそれにあるのだが、詳しいことは未だに分かっていない。

 

彼の地の郷土史家などであれば、詳細は掴んでいるのかも知れないが、そちらの情報にアクセスする手段は現在のネット環境では芳しくない。

 

だが、特に堂安という苗字が韓国や中国に繋がっているという確証もない。

 

しかし、間違いなく堂安律は日本人であることは間違いないといって差し支えないだろう。

 

ちなみに堂安律の名前である『律』というのも変わった命名であると個人的には考えている。

 

この由来は主に『掟』や『さだめ』を意味しており、特に人命につける際には、何かの手本となる人間になって欲しいという願いからつけられるのが一般的だ。

 

堂安律の両親もおそらくそんな気持ちで、健やかでありながら、誰かの手本となる様な立派な大人に育って欲しいという意味を込めて、つけたものではなかろうか?

 

おわりに

堂安律は現在、最も注目されている日本サッカー選手の代表の一人。

 

高校などの情報に触れることにより、噂の真相を確かめたわけだが、あくまでそれも彼にとってはサッカーをする為だけに選んだだけのこと。

 

より詳しく名前の由来なども調査した結果、前述した通りの結果になったことは相違ない。

 

ネットの情報などは、偏りがちで信憑性に事欠く有様なノイズ塗れの情報が錯綜している。

 

しっかりと堂安律という変わった名前を細かく紐解くことによって、噂は嘘塗れであり、本当のことが如実に明らかになっていく。

 

何はともあれ堂安律が日本人だろうが、万が一、別の血が混ざっていたとしてもどうでもいいこと。

 

あくまでサッカー選手としての彼に価値があり、本人もそれを子供の頃から目指して、日本人として活躍するサッカー選手になれたのだから、それ以上、何も言うことはないと思うのだが?

 

Sponsored Link