Dean Fujioka (ディーン・フジオカ)といえば、朝ドラに出演したことが切欠で人気急上昇した経緯があるマルチタレントだ。

 

そんなディーンフジオカであるが、巷では『歌が下手!』という反応が目立っている。

 

今回は一風変わっているが、こんなネガティブな反応をメインに取り上げてみようか。

 

Sponsored Link

ディーン・フジオカ (Dean Fujioka)について

引用:Yahooより

【名前】 Dean Fujioka (ディーン・フジオカ)

【別名】 藤岡靛(フジオカテン)

【生年月日】 1980年8月19日

【星座】 しし座

【年齢】 38歳

【出身地】 福島県須賀川市

【血液型】 A型

【学歴】 シアトルコミュニティカレッジ

【所属】 アミューズ

【デビュー】 2013年

 

ディーン・フジオカは1997年の第10回ジュノン・スーパーボーイコンテストに出場したことが、芸能界入りの切欠。

 

コンテストには自らが応募したのではなく、妹が勝手に応募していたという。

 

惜しくもグランプリは逃したものの、最終選考に残った。

 

その後、香港のクラブでラップを披露し、注目を浴びたことが切欠で、地元のファッション雑誌編集者にスカウト。

 

これを兆しに香港をベースにモデルとして活動し、2006年には台湾テレビドラマに出演し、俳優としてデビューを果たした。

 

2012年まで香港で人気を博し、その後は日本に進出し、映画【I am ICHIHASHI 逮捕されるまで】の総合制作を手掛ける。

 

この映画では主演、監督、主題歌をこなしたことが話題となった。

 

2015年には日本のドラマにデビューし、NHK連続テレビ小説【あさが来た】で好演したことで、ブレイクを果たした。

 

以降、日本に拠点をうつしながら、俳優・モデル・歌手などマルチタレントとして活躍している。

 

ディーン・フジオカ (Dean Fujioka)の歌が下手と酷評が・・・

インターネット上でディーン・フジオカを検索をかけてみると、『歌 下手』というキーワードが目立つ。

 

ディーン・フジオカの熱狂的なファンは歌上手すぎ!とはしゃぎ、YouTubeに動画をアップロードする程に称えている。


こうした一部の熱狂的なファンの反応に対して、反発するかのように歌が下手という皮肉が続出していると思われる。

 

元々、ディーン・フジオカの歌が下手という反応の始まりは、ミュージックステーションで大々的にシンガポールから中継生放送をつかったことが切欠。

 

大体的に大きく生中継+外人バンドの中心で歌うという仕込みで放送したのはいいが、これがかえって一部の視聴者から総スカンを喰らったことにある。

 

ところで実際にディーン・フジオカの歌は下手なのだろうか?という疑問に対しては、次の様な個人的な感想をもっている。

 

ディーン・フジオカ (Dean Fujioka)の歌は下手なのか?

熱狂的なファンがアップロードしている動画などを見てみると、素晴らしく上手い歌であるとは思えない。

 

と、いうか現在は誰でも手軽に歌の練習が出来るインフラが整っており、それこそカラオケ店なども芋の子を洗う状態である状態である。

 

そんなインフラが整っている現在の日本で、歌が上手い人間などはザラにいるわけであり、一般人なども耳が肥えているし、普通にプロよりも上手いといえる歌い手は沢山いる。

 

ディーン・フジオカの凄いところというのは、その歌の上手さや下手さではなく、大勢の人間の前で歌を唄えるという環境を作れることだ。

 

ハッキリ言って歌が上手い人間などは、吐いて腐るほどいる。

 

ただ確かに歌に対して情熱が高い人間からすると、その程度でプロミュージシャンを名乗るなと言いたいところであり、その水準に達しているとは到底言い難いのは認めざる得ない。

 

そんなディーン・フジオカの歌が下手という反応を列挙しておこう。

・歌は下手だったから、逆に好感が持てた。

・この人カラオケが上手いレベルだと思う。

・どこがうまいと思うの?

・ラップパートやばすぎてやばい 見るに耐えない

・一緒にカラオケ行った同僚って感じのレベル

・うまいというより声がいいからうまく聞こえる

・なんかみてるだけで良かった先輩が、 文化祭の舞台でシャウトしてるのみて引いちゃった気分…

と、結構、散々な反応だが、筆者的に言えば、まあ、このレベルは沢山いるでしょう・・・という残念な感想にいきつく。

 

だが、ディーン・フジオカの存在そのものが好きなファンなどからすれば、高い水準に達していない歌であっても下手ではなく上手いと思ってしまうのだろう。

 

それは人の感じ方それぞれであり、それもまた自由に評価をつけていいところだ。

 

おわりに

Dean Fujioka (ディーン・フジオカ)の歌が下手という話題に対してをメインに取り上げてみた。

 

歌というジャンルに関しては、それこそ前述したように素人界隈でも、凄まじく歌が好きで上手い人間が大勢いる。

 

その為に見る側も相当、厳しい目と耳で鑑賞してしまうわけであるわけで、プロと名乗る歌手やアーティストの敷居は非常に高い。

 

しかし、タレントの魅力というのは歌が上手いからとか下手だからというだけで決まるものではない。

 

逆に歌が下手という話題性こそ、実は人気という意味においては一つのアドバンテージになっているのでは?と感じるのだが・・・。

 

Sponsored Link