梅宮アンナの酷評がヤバい! デブは人間じゃない! その真意は何か?

梅宮アンナがテレビ番組で[br num=”1″]デブを痛烈に批判し、ネット上が炎上している。

 

酷評のはけ口はお笑いコンビの[br num=”1″]【メイプル超合金】の安藤なつに向けてのものだった。

 

ネットの反応と、デブ嫌いが[br num=”1″]何故、多いのかを紐解いてみよう。

 

梅宮アンナの酷評

2月3日放送のテレビ朝日の番組[br num=”1″]【金曜★ロンドンハーツ】の人気コーナー【格付けしあう女たち】にて。

 

テーマは『人としてダメな女』というものであり、[br num=”1″]出演した梅宮アンナは【メイプル超合金】の安藤なつを最下位に格付け。

 

その理由を際しては、以下の様な酷評を言い放った。

私ね・・・デブが嫌いなんです。

梅宮アンナはかつて自身が85kgにまで[br num=”1″]体重が増加したことがあると言い、次の様な発言をした。

自分が太った時に、人間じゃないと思った。

さすがに梅宮アンナのこの酷評には、[br num=”1″]安藤なつも悲鳴交じりに・・・

言いすぎじゃない?! そんな言うんすか?!

と苦言を漏らしたのだ。

 

梅宮アンナの酷評に対してのネットの反応

しかし、テレビを見た視聴者などからは[br num=”1″]梅宮アンナに対しての痛烈な酷評返しが氾濫。

 

 

・そう思うのは自由だし否定はしないけど、公の場でそういうことを
軽々しく口にできてしまうところがあなたの育ちの悪さであり人間的限界。

・それを公然と言えるあなたの無神経さ?が羨ましいです(笑)

・申し訳ないが今まで一度も梅宮アンナさんを魅力的と思ったことないです。安藤さんの方が魅力的です。

この様に梅宮アンナに対しての批判が多く目立っているが、[br num=”1″]中には梅宮アンナの酷評を正論としているユーザーもちらほらいる。

 

デブ嫌いは確かにアメリカ程ではないが、日本でも多いと思われる。

 

それは何故か?

 

[sp] [ad#co-1] [/sp]

何故、デブは嫌われるのか?

デブの印象は単純に『食ってばっか。』という感じであろう。

 

そもそも、実際は痩せることというのは容易い。

 

単純に食べる量を調整すれば、[br num=”1″]時間の経過とともにそれに合った形で[br num=”1″]体形は自然と作られていく。

 

つまり、これは自分自身の食欲をコントロール出来ないと、[br num=”1″]自分の身体で示してしまっているということになる。

 

欲望をコントロールできないということは、[br num=”1″]その他の欲望なども我慢できないという先入観が先に立ち、[br num=”1″]『わがまま』とか『無神経』、『根性無し』という印象が浮かび上がる。

 

それに加えて、体臭もきつくなるパターンも多く、[br num=”1″]汗のかき方や食べ方も尋常じゃない様に見える。

 

人の目を気にする人間は、[br num=”1″]ストイックさが美徳であると感じ、[br num=”1″]しっかりと欲望をコントロールしている。

 

だからこそ、デブはその見た目などから、[br num=”1″]印象が悪く、嫌われがちになると言える。

 

おわりに

梅宮アンナの酷評は確かに[br num=”1″]差別的な発言であるとも感じる。

 

人間はデブであろうが、痩せていようが、[br num=”1″]大事なのは人柄や雰囲気などであるのは言うまでもない。

 

確かに太っていることは、[br num=”1″]健康バランスを崩し万病の元となるわけだが、[br num=”1″]それは本人の自由である。

 

特に肥満体質の視聴者にとっては、[br num=”1″]今回のテレビ番組で放送された内容は[br num=”1″]憤りを感じたものなのであろう。

 

しかし、こんなことで盛り上がりをみせる日本は、[br num=”1″]やはり平和そのものであると、しみじみ感じてしまったわけだが・・・。

 

error: Content is protected !!