渋井陽子は女子マラソンランナーとして、注目を浴びている選手だ。

 

37歳ということで、結婚の二文字が囁かれている。

 

また下品と言う言葉も渋井陽子を調べていくと出てくるわけだが、
これは果たしてどういうことなのか?

 

Sponsored Link

渋井陽子について

渋井陽子は1979年3月14日に栃木県黒磯市で生まれた。

 

現在は37歳であり、高校生の頃から陸上マラソンで
大会新記録を打ち立てる等の実績を挙げている。

 

現役選手でありながら、三井住友海上でヘッドコーチをしているという。

渋井陽子のマラソン戦績はこちらをクリック

現役スポーツ選手としては37歳というのは、
既に盛りが過ぎていると感じるが、その不屈の闘志には恐れ入る。

 

渋井陽子の結婚

結論からいって、渋井陽子は独身であり、
その生活の全てをマラソンに捧げているようだ。

 

が、過去には結婚相手と目された彼氏の存在が噂された。

 

それは男子陸上の末積慎吾である。

 

末積慎吾は北京オリンピックで
銅メダルに輝いた選手であり、イケメンとしても名高い人物だ。

 

お互いに切磋琢磨して、
現役マラソン選手としての拘りを持っていることから、
ファンからはお似合いのカップルと噂されていた。

 

おそらくそれが交際という形に、
話が盛られた気配があるだけで、
実際は交際していたという事実は確認できない。

 

渋井陽子と下品という言葉の因果関係

渋井陽子が下品というわけではなく、
実は彼女と親友関係でありライバルでもある福土加代子に対する評価なのだ。

 

真面目にマラソンに勤しむ渋井陽子とは対照的に、
大らかで歯に着せぬ物言いで自己主張をする福土加代子。

 

同世代という共通項もあることから、
渋井陽子と比べられる関係でもあるのだ。

 

生きるスタンスが違うだけであり、
どちらもマラソン選手としては強い自己意識を
持っているランナーであることには変わりない。

 

が、世間一般的に渋井陽子と比べると、
品が無いと思われているのが福土加代子の世間の評価のようだ。

 

これが混同して、渋井陽子と下品という言葉が関連づいている様だ。

 

おわりに

渋井陽子を一言でいえば、極限までにストイックという言葉が似あう。

 

その様子は下品などという言葉は微塵もなく、
結婚もしないくらいの覚悟があるのでは?と、感じさえもする。

 

その全てをマラソンランナーに捧げているかの様な、
渋井陽子は果たしていつまで現役に拘るのかに今後も注目だ。

 

Sponsored Link