山口敬之の隠された裏の顔を報道した週刊新潮の暴露記事に、ようやく世間の注目が集まった。

 

メディアの前に姿を現した被害者は詩織さんという名前で報道されていたが、本名も実は明らかになっている。

 

ジャーナリストという世界で行われた淫靡で陰湿な事件の背景には何があるのだろうか。

 

Sponsored Link

山口敬之の被害者である詩織さんについて


山口敬之は元TBSワシントン支局長であった人物であり、安倍首相を信奉する人物だ。

 

そんな山口敬之を告発したのが、話題になっている詩織さんというフリージャーナリストだ。

 

詳しい山口敬之が詩織さんを強姦したという概要は、関連記事を見ていただくとして、この詩織さんがメディアの前に素顔のままで登場した際に疑問に思った人間も多いだろう。

 

何故、ジャーナリストでありながら、本名を公開しないのだろうか?と、いうことだ。

 

山口敬之に暴行された詩織さんの本名とは?


同じジャーナリストの江川紹子もこの事件に対しては非常に関心がある様子だ。

 

詩織さんの本名は伊藤詩織という。

 

28歳の元ロイター通信記者であり、現在はフリージャーナリストである。

 

また、写真家の活動もしているそうで、超美人ジャーナリストとして注目を集めていた女性である。

 

記者会見で凛々しい表情で、被害者の立場で山口敬之を告発する様は、非常に衝撃的なものであった。

 

山口敬之と詩織さんの関係とは?


山口敬之と詩織さんの関係であるが、暴行された当時、既に詩織さんはフリージャーナリストとして自立していた。

 

が、それと並行して報道の仕事がしたいということで、山口敬之と接触を持ったのが切欠なのだ。

 

簡単に言えば、詩織さんが当時、TBSワシントン支局長であった山口敬之に、仕事があるかどうかを持ちかけたのだ。

 

詳しくはこちらも関連記事から拝読されることをおすすめする。

 

詩織さんの写真画像から分かるように、非常に美人であり、芸能人であってもおかしくないレベルだ。

 

こうした美女が自分を頼ってきていることに、山口敬之は男の本能が盛ったということだろう。

 

だが、それはあまりにも凄まじい代償であったということは、現在の状況を見ても明らかだ。

 

おわりに

山口敬之と詩織さんのジャーナリスト同士の問題は、非常に社会に波紋を投げかけるものだ。

 

自らの思い出したくもない過去を赤裸々に、顔を隠さずに日本全国に告白するということは、紛れもなく山口敬之のおかした犯行が事実であるということに他ならない。

 

果たしてこのショッキングな事件の顛末はどうなるのかに、今後も注目したい。

 

Sponsored Link