八幡圭亮(やはたけいすけ)は横浜市の18歳の少年の命を仲間と供に奪った容疑で逮捕されている。

 

Facebook、ツイッターのユーザーであり、顔写真画像も投稿していることから、ほぼ逮捕された八幡圭亮であることが特定されている。

 

果たして八幡圭亮の犯行動機とは一体、何であったのかを考察してみよう。

 

Sponsored Link

八幡圭亮が逮捕された概要とは?

八幡圭亮が逮捕された事件の一報を告げたのは毎日新聞だ。

川崎市多摩区の多摩川で昨年12月、横浜市瀬谷区の少年(当時18歳)が水面に浮かんだ状態で死亡しているのが見つかった事件で、神奈川県警は27日、東京都調布市国領町7、無職、八幡圭亮容疑者(21)を殺人容疑で逮捕した。

県警が逮捕状を取って八幡容疑者の行方を捜していたところ、同日、県警多摩署に出頭したという。

逮捕容疑は昨年11月23日午後10時10分ごろ、今年9月に同容疑で逮捕された21~22歳の男3人(いずれも処分保留で釈放)と共謀し、川崎市多摩区登戸の多摩川で少年を溺れさせて殺害したとしている。

県警によると、現場付近の防犯カメラには男4人の姿が映っていたとされるが、八幡容疑者は「俺はやっていない」と容疑を否認しているという。

4人は少年の知人とみられ、県警は何らかのトラブルがあったとみて調べている。

引用:毎日新聞より

概要を見てみると、少年グループ内での内輪揉め、或いはリンチ事件という具合であろう。

 

考察は後回しにして、続いては八幡圭亮の特定されているFacebookやツイッター、顔写真画像などをみていこう。

 

八幡圭亮の顔写真画像とFacebook,ツイッター


八幡圭亮のFacebookやTwitterにはしっかりと顔写真画像が投降されている。

 

何故、これらが今回、18歳の少年を溺死させた八幡圭亮であるのかといえば、年齢(学歴から逆算)や居住地などが合致している。

 

また八幡圭亮という名前自体は漢字も含めて、非常に珍しいものであるからだ。

 

八幡圭亮はツイッターで積極的に自身のプライベートを投稿している。

 

中には彼女の顔写真画像も特に加工修正をすることもなく、投稿されており、そのどの彼女も美人なタイプである。

 

そして、供に行動していた仲間の写真画像も投稿されている。

 

その様子はどこか不良グループの印象が強く、中には電車内を占拠しているかのような傍若無人な写真画像もあるのだった。

 

 

いくら車内が空いているとはいえ、これは明らかに常識がある行動とは思えないが、いかがであろう?

 

八幡圭亮の犯行動機は一体、何であったのか?

八幡圭亮はグループで行動している所謂、不良たちに属していた一人であると感じる。

 

被害者の少年は調布市の同グループの仲間内の一人であると思われるが、そうであれば所謂、仲違いが生じた上で争いとなった故に、行き過ぎてしまった結果である可能性が高い。

 

犯行当時は他3人の仲間もいたが、警察の調査では釈放されている。

 

このグループ内では八幡圭亮はリーダー格であった可能性もあるが、どうだろう?

 

しかし、こうしたリンチ事件では被害者は全く何の罪もない場合もよくあるのだ。

 

大体、その場合は恐喝などをして、金ヅルに仕立て上げ、持て余すようになったさいに命を奪うというケースが多い。

 

また金目当てでは無くても、絡んだ挙句に抵抗されたことに逆上して、リンチの末に命を奪うということもあるのだ。

 

今後の詳しい概要は警察の発表があったら、より明確に判明することであるだろうが、こうした少年たちのいざこざは以上のようなパターンで収束されるのだ。

 

おわりに

八幡圭亮が逮捕されて、ネット有志などの尽力などによって、すでにFacebookやツイッター、顔写真画像が流布している。

 

それを見る限りは、成人しても尚、遊びほうけている不良グループの一味であったことが否めない印象が見て取れる。

 

こうしたファッションや素行などで、個人の人格を判断できるものではないにしろ、結果的に一人の少年の命を奪った凶悪犯であるという事実は曲げられない。

 

Sponsored Link