坂田亘は小池栄子の旦那であり、プロレスラーである。

 

12月31日、RIZINで
TKO負けをした際に、引退を決めた様である。

 

そんな坂田亘で有名なエピソードとして、
前田日明に暴行とも言われても仕方がない動画の話だ。

 

Sponsored Link

坂田亘について

坂田亘は1973年3月11日に愛知県で生まれた。

 

中学卒業後に極真空手を習い、
高校を卒業した後にレスリングに転向。

 

アニマル浜口の元で師事を受けた後に、
1993年に前田日明が設立した総合格闘技団体【RINGS(リングス)】に入団。

 

入団してからは、あまり目立った存在では無かったが、
UWFからリングスに移籍してきた田村潔司に
師事を仰いでからは、その才能を発揮。

 

1999年には本格的にバーリトゥードに参戦。

 

その後、パンクラスとの対抗戦など経験し、
本格的な総合格闘技路線に進むも、
プロレスラーとしての活動もしており、
【ハッスル】のリングを主戦場としている。

 

2007年8月29日には、女優兼グラビアアイドルの
小池栄子と5年にも及ぶ熱愛の末に結婚。

 

2016年12月31日・RIZIN無差別級トーナメントで
桜井マッハ速人にTKO負けを喫し、プロを引退することを表明。

 

坂田亘と前田日明の動画は何故、撮られた?

坂田亘と言えば、話題にのぼると必ず語られるエピソードとして、
前田日明からの暴行と言ってもいい動画の詳細だ。

 

1995年5月20日、当時、リングスに所属していた
坂田亘は、鹿児島のリングス興行の第一試合に出場。

 

坂田亘の相手は、他団体所属の鶴巻伸洋と対決したものの、
試合内容は盛り上がりの無い、所謂、しょっぱい試合になり、勝敗も引き分けドロー。

 

地方巡業の第一試合を任されていた坂田亘の試合は、
その後の試合への観客の盛り上がりを呼べないものであった。

 

そして試合を終えた坂田亘は、
記者のインタビューに対しては偉そうに対応していたことから、
前田日明は怒りを爆発させたのだ。

 

この模様の動画は
現在でもYouTubeで普通に視聴が可能であり、
一時期は物議を醸しだした程の衝撃度合いが伺える。

 

前田日明には批判が相次いだが、
これに対しては以下の様なコメントを述べている。

俺が新日の若手時代で、しょっぱい試合でふんぞり返ったら、あんなもんじゃ済まない。もっと酷く先輩にボコボコに殴られた。

この様な経緯があって、あの坂田亘と前田日明の動画は撮られたのだった。

 

おわりに

坂田亘に執拗な制裁を加える前田日明の様子は、
動画を一度見たら分かるように、非常に冷徹で恐怖を感じさせるものだ。

 

我々、一般人から見れば、
もはや暴行レベルの様相とも思えるが、
プロレスラーや格闘家の中では、
割と当然のことであるのかも知れない。

 

しかし、いくら鍛え上げられた肉体を持っている
プロレスラーや格闘家であっても、前田日明が坂田亘に対して
激しい攻撃を加える様は、戦慄以外の何物でもない。

 

Sponsored Link