ウォルター・ベッカーは米のジャズロックバンドの【スティーリー・ダン】のギタリスト。

 

この度、死去報道が報じられて、古くからのファンがその悲報に悲しみを吐露している。

 

死因は伏せられている状態であるが、果たしてウォルター・ベッカーに何が起きたのだろうか?

 

Sponsored Link

ウォルター・ベッカーについて

引用:Wikipedeiaより

【名前】 WalterCarlBecker(ウォルター・カール・ベッカー)

【生年月日】 1950年2月20日

【星座】 うお座

【享年】 67歳

【出身地】 米・ニューヨーク州

【学歴】 米・私立バード大学

【所属】 MCAレコード

【デビュー】 1971年

 

ウォルター・ベッカーは大学時代に、後に供に活動するドナルド・フェイゲンと逢い、【スティーリー・ダン】を結成。

 

以前から作曲家としての活動もしており、1981年に【スティーリー・ダン】が解散した後はニューヨークからハワイに移住し、音楽プロデューサーとして活躍。

 

チャイナ・クライシスやマイケル・フランクス、リッキー・リー・ジョーンズなどのアーティストをプロデュースした。

 

日本のミュージシャンなどにも影響を与えており、2007年には来日も果たしており、2008年にはソロアルバムも発表していた。

 

ウォルター・ベッカーの死去と謎の死因について

ウォルター・ベッカーの死去を報じたのは朝日新聞。

ウォルター・ベッカーさん(米国のギタリスト、ベーシスト)ロイター通信が公式サイトの情報として伝えたところによると、3日死去。67歳。死因などについては不明。

72年に結成したバンド「スティーリー・ダン」の主要メンバーとして活躍。「彩(エイジャ)」(77年)などのヒット曲で知られる。幅広いジャンルを取り入れた音楽で、小沢健二さんなど様々なミュージシャンに影響を与えた。07年には公演のため来日した。

引用:朝日新聞より

死因が不明とされているようで、果たして何があったのかが気になるところだ。

 

67歳という高齢の為に、おそらくは病死である可能性が高いと思われるが、それならば死因が非公開というのもおかしいと感じる。

 

続報が待たれるところである。

 

ウォルター・ベッカーの死去に際しての反応

ウォルター・ベッカーの突然の死去報道に日本のファンの反応も非常に悲しい意見に彩られている。

 

 

 

 

 

 

ウォルター・ベッカーの相棒であるドナルド・フェイゲンは現在も尚、活躍しており、ファンがいう様に日本にも来日予定であり、横浜でのライブが控えている。

 

果たして、ウォルター・ベッカーに何があったのだろうか、一抹の疑念が残るところだが・・・。

 

おわりに

ウォルター・ベッカーの死去は、遠く離れた日本のファンにも深い悲しみを与えている。

 

死因が公表されたないのも、何か不穏な雰囲気を醸し出しているが、いずれその真相は判明することを願っている。

 

今はただウォルター・ベッカーのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

Sponsored Link