打越裕子(うちこしゆうこ)は群馬県前橋市に住む会社員だが、この度、逮捕された。

 

そんな打越裕子のFacebookが特定されているようで、ページにはかわいい印象的な画像があるのだ。

 

一般市民として普通に生きていた女性に何が起きていたのか?

 

Sponsored Link

打越裕子が逮捕された概要

事件の一報を知らせたのは、NNNの報道だ。

3日未明、群馬県前橋市の居酒屋で、客の女が店主の男性の腹を刺して殺害しようとしたとして、現行犯逮捕された。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、会社員の打越裕子容疑者(41)。警察によると打越容疑者は3日午前3時ごろ、群馬県前橋市千代田町の居酒屋で、店主の真下典和さん(41)の左脇腹を刃渡り約24センチの包丁で刺して殺害しようとした疑いが持たれている。

打越容疑者は自ら119番通報して消防と警察が現場に駆け付け、その場で逮捕された。打越容疑者は警察の調べに対して「おなかを包丁で刺してしまったことは間違いありません」と話しているが、殺意は否認しているという。

容疑者はこの店の客だということで、警察は2人の交友関係を巡るトラブルとみて捜査している。

日常に突然として起こるショッキングな事件であると言えよう。

 

打越裕子に関連する画像はFacebookで明らかになっている。

 

打越裕子のFacebookは既に特定されている


打越裕子は報道によると群馬県前橋市に在住する会社員であることが分かる。

 

打越(うちこし)という苗字は、数が少ないのでFacebookユーザーでも該当する人間は少ない。

 

そんな中で群馬県前橋市の打越裕子は、すぐさまHITした。

 

顔写真画像などは、アップロードされていないものの、可愛いペットを散歩している際に撮影した画像が掲載されている。

 

どこかのどかで心が休まる写真画像が和ませるのだが、果たして打越裕子が何故、この様な犯行に及んだのかの動機を見ていこう。

 

打越裕子の犯行動機とは一体・・・


事件現場となった和食感香ろんは飲食店紹介サイト【食べログ】にも紹介されている店だ。

 

この店の経営者の男性を亡き者にしようとしたということだが、注目すべきは同じ歳ということである。

 

具体的な情報はないが、ここから推測出来るものは、同級生であり交際関係にあったのではないかということだ。

 

男女間の痴情怨恨のもつれは、時に凄惨な事態を引き起こすことがあるのは、よくあるケースだ。

 

もしくは、男女間の愛情のもつれを除けば、金銭トラブルなども挙げられる。

 

何にせよ一人の普通に生きてきた女性が、男性をラジカルに傷つけるという行為に及ばせるものは、余程のことがあったと見るのが妥当だ。

 

おわりに

打越裕子のFacebookは画像も少なく、更新もされていないが、伝わってくる雰囲気は、のどかなものだ。

 

そんな一般会社員の彼女が、突然、凶行に及ぶというのは、外の人間が知ることがかなわない特別な動機があったということに他ならない。

 

事件の特性上、今後、続報は期待出来ないが、いち早く早急な解決が望まれる。

 

Sponsored Link