小山宙哉は現在、注目されている漫画家の1人と言えよう。

 

彼が結婚した相手も漫画家であると言えるが、正確に言えばイラストレーター。

 

小山宙哉の嫁である、『こやまこいこ』と、結婚生活をメインに綴ってみよう。

 

Sponsored Link

小山宙哉について

小山宙哉は1978年9月30日に京都府で生まれた。

 

学歴は京都市立西陵中学校を卒業し、
京都市立銅駝(どうだ)美術工芸高等学校に入学し、
卒業後は大阪市立教育研究所に入学。

 

同校を卒業後はデザイン会社に就職し、
仕事の合間をぬい漫画を描き続けていた。

 

彼は講談社の漫画雑誌【モーニング】に書き上げた漫画【ジジジイ】を持ちこんだ。

 

これが【モーニング】でかつて行われていた
コンテスト【MANGA OPEN】のわたせせいぞう賞に輝く。

 

その後は【モーニング】で連載していた
漫画家のこしのりょうのアシスタントをしながら、
小山宙哉も自身の漫画作品を連載開始する。

 

2007年末から【宇宙兄弟】を連載開始し、
これがブレイク連載漫画となり、現在に至る。

 

小山宙哉が結婚した嫁はこやまこいこ

小山宙哉は結婚をして嫁がいる。

 

同じ京都出身の『こやまこいこ』と、いうイラストレーターであり、
現在は旦那の小山宙哉と供に作品を手掛けていたりもする。

打ち上げ応援カウントダウンイベント。 #ドリームアートロケット

@coicokoyamaが投稿した写真 –

こやまこいこのインスタグラム写真からも分かるように、
小山宙哉との間には2人の子供がいる。

 

彼女のオフィシャルサイトのイラスト日記を見る限り、
2005年に長女をもうけ、2011年5月に次女を出産したと思われる。

 

供に女の子で愛娘といったところであり、
多忙を極める小山宙哉とこやまこいこの家庭は非常に円満なのだそうだ。

 

こやまこいこについて

小山宙哉が結婚したこやまこいこの年齢や
具体的な学歴などは公開されていない。

 

明らかになっているのは、小山宙哉の嫁となる以前の経歴などだ。

 

イラストレーター・こどもの工作作家という肩書で、
京都造形芸術大学内にある芸術文化情報センター【ピッコリー】と、いう
こども図書館に勤めていたようだ。

 

イラストレーターは分かるが、
こどもの工作作家というと、いまいち何をしているのかが掴めないだろう。

 

これは子供たちが着る服だったり、
作るカバンなどのデザインなどを手掛けるのが主な仕事ということになるだろう。

 

子供向けのイラスト、絵本を描き、
子供が親しみを持ちやすい小物などの制作をしていたようだ。

 

現在は雑誌【レタスクラブ】と【scope】で漫画を連載しているようで、
彼女の公式Twitterには小山宙哉との日常を描いたイラストも投稿している。

 

おわりに

小山宙哉も結婚した嫁であるこやまこいこも、
お互いに多忙な漫画家であるわけだが、その家庭生活は非常に円満なのだそうだ。

 

その秘密は小山宙哉はどんなに忙しくても、
嫁や子供と一緒に過ごす時間を欠かさないのだという。

 

昼ご飯やおやつの時間、
夕食や休憩などは欠かさずにとっているそうで、
毎日、決まった時間に子供たちと遊ぶ時間をとっているのだ。

 

こうした日常の気配りをしているからこそ、
小山宙哉自身もリラックスした形で人気漫画を描き続けていられるのだろう。

 

作家の精神状態は、必ず作品に出るのは言うまでもない。

 

小山宙哉の漫画・宇宙兄弟がヒットする根本の秘密は、
きっとそういった環境にあるといえよう。

 

関連記事

↳ 小山宙哉が宇宙兄弟で稼いだ年収はいかほどか?!

 

Sponsored Link