堤下敦が4ヶ月に二度の交通事故を起こしたことで、
病気にかかっているのでは?と噂されている。

 

一度目の交通トラブルは睡眠薬を服用したことによる
影響であることは判明しているが、2度目の事故は
薬の影響ではないことが判明。

 

だとすれば、今回の人身事故は何らかしらの病気を抱えており、
それが原因によって引き起こされたのでは?
という見解が成り立つ。

 

Sponsored Link

堤下敦は病気にかかっている?!

堤下敦が2017年10月27日に横浜市内で人身事故を起こしたことが、大きな物議を醸しだしている。

 

1度目の交通トラブルは6月であり、それは服用している睡眠薬の影響によるものであったが、今回は薬ではなく考え事が原因で事故を起こしたと警察で供述している。

 

警察署での検査では薬物の反応は出なかった為に、これは間違いない事実ではあるが、だからこそ事故が報じられた際に多くの人間からは病気の可能性があると示唆されているのだ。

 

堤下敦が病気ではないか?という反応とは?

そもそも自家用車を運転していて、好んで事故を起こす人間などはいない。

 

しかも、それが1度目とは違って薬の影響がない状態での事故ならば、尚更、病気であると疑われるのは当たり前である。

・何かあるよね。

・ネタはなんだろうね?粉かな? 草かな? やっぱり〇ャブかな?

・これって…もしかして病んでるのかな?

・ほんとのバカなのかそれとも何か病気なのか気になる。

・謹慎中、入院してしっかり治してください。

ネットの反応などを見てみると、犯罪の臭いがする見解も示されているが、それならば堤下敦は既に逮捕されている筈であるので、これは除外視できる。

 

人を轢いてしまう位の事故を起こしてしまう辺り、何らかの病気にかかっていると考えるのは自然である。

 

だとすれば、堤下敦に考えられる病気とは何なのだろうか?

 

堤下敦の病気とはうつ病ではないのか?

堤下敦はかつては相方の板倉と供に【インパルス】にて飛ぶ鳥を落とす勢いで売れていた。

 

だが、2011年頃からその人気は失速し、同期の芸人仲間である黒沢かずこに対するパワハラ行為なども暴露されて、業界から干され気味になっていた気配があった。

 

人気と供に収入もあった以前とは違って、現在の状態を比べると間違いなく劣悪な状態である。

 

この様な状態で精神バランスを保つというのは、非常に難しいといえる。

 

堤下敦の状況から察するに精神の病気にかかっており、それはうつ病の類である可能性が高いと感じるのだがいかがであろう?

堤下敦の病気は薬のせいでもあるのか?

堤下敦は睡眠薬を服用していたことでも知られている。

 

これは【睡眠障害】であり、うつ病患者に多く見られる症状の一つとして挙げられる。

 

統計によると、うつ病患者の82%は睡眠障害を併発しているということで、その中でも典型的なものは不眠である。

 

不眠は著しく身体に悪影響を及ぼし、日々の生活や仕事のパフォーマンスがガタ落ちする為に、睡眠薬などの薬を服用することによって、対処する。

 

だが、そうなると今度は薬の力がなければ眠ることも出来なくなり、薬に依存するという体質になってしまうのだ。

 

現に堤下敦が6月に書類送検された原因は薬によって意識朦朧していたことによるものである。

 

薬の力に頼らなければいけないくらいの病気の程度であると、悪くなることはあっても、良くなることはないといえる。

 

あくまで堤下敦がうつ病などの病気であるというのは、ネットの反応などを踏まえた個人的見解ではあるのだが、明らかにおかしいのは明白である。

 

おわりに

堤下敦は病気の可能性があるという個人的見解を記してみたが、こう考える人間は他にも数多いだろう。

 

そもそも眠るという行為は、人間の至って自然な生理現象であり、これを薬で強制的に発生させるというのが、そもそもおかしいのである。

 

だが、そうしなければならないというのは、明らかに精神に何らかしらの病気ともいえるダメージを抱えているわけである。

 

こういう精神的な病にかかるのは、大抵は真面目過ぎる人間や、理想と現実のギャップを必要以上に気にかけて、捉われるタイプに多いわけだが。

 

何にせよ堤下敦は長期間の謹慎処分ということであるので、これをプラスにとらえて、ゆっくりと精神の病気を治してほしいと願うばかりだ。

 

Sponsored Link