豊田真由子の衝撃的な暴行の事実が発覚したことが話題になっている。

 

そんな豊田真由子には夫がおり子供もいるママでもあるのだ。

 

果たして離党した後に辞職の可能性もあるが、今回は豊田真由子議員の家族に焦点を絞ってみよう。

 

Sponsored Link

豊田真由子の夫の職業とは?


豊田真由子はエリート議員として、安倍内閣の中でも切れ者女性議員として注目を浴びていた。

 

超男勝りな性格と、度重なる奇行なども相まって【モンスター】と称されていたが、れっきとした恋愛結婚をしている様子。

 

夫の名前はかつて某出版社が掲載した【政官要覧】に記載されていたそうだ。

 

だが、現在はこれは削除されているようである。

 

何故ならば政官要覧を改めた豊田真由子が、プライバシーの侵害として抗議したからであるという。

 

要するに豊田真由子の夫の職業は官僚であることが分かる。

 

また某Webメディアによると、夫は国土交通省のキャリアであるということも明らかになっている。

 

豊田真由子の子供について

豊田真由子が夫と結婚したのは、おそらくは2006年頃ではないかと思われる。

 

エリート同士の結婚は密かに行われていたのだろう。

 

豊田真由子は2007年にスイスのジュネーブに日本政府を代表する一等書記官として赴任していた。

 

そのころに長男をジュネーブで出産し、2年後の2009年に長女をパリで出産していることが明らかになっている。

 

夫と愛する子供2人を抱える戦う議員として、過去の最凶伝説と供に注目を集めていたが、とんでもない暴行事件が露わになり離党することになるとは・・・。

 

豊田真由子は辞職をしてしまうのか?

豊田真由子は週刊新潮の報じた元秘書への暴行が、公になったことで自民党に離党届を提出。

 

現役エリート議員による元秘書への信じられない暴行とパワハラの内容は、これまで培った信用を失墜させるものに他ならない。

 

当然、これは本人の問題だけではなく、他の議員や支持者などの面子までも潰しかねない失態なのだ。

 

今後の展開が気になるところだが、何よりもイメージが重んじられる女性議員としては、今回の暴行疑惑と音声データは致命的であると思われる。

 

離党届を提出し、その後、議員辞職するという可能性も無いとは言えないだろう。

 

おわりに

豊田真由子議員の夫と子供を中心に触れてみたが、おそらくは家庭内では、暴言や暴行するといったタイプの人間では無いのかも知れない。

 

あくまで外に出たら人格が変わったかのように、鬼に徹していたのかも知れないが、常識の範疇をそれは超えていた。

 

他の議員などから辞職を求められる可能性も当然、高いわけであって、それを呑むしかない状況に追いやられていくことは明白である。

 

Sponsored Link