まずはこの動画をご覧下さい。

JR豊田駅で起きたTwitter上で話題になった問題の動画。

 

この駅員の男性が何故、怒鳴ったのかを検証してみましょう。

ルール守れないんだったら、やめてくれよ!

問題の動画が撮影されたのは2016年8月30日の昼です。

 

東京都日野市・JR豊田駅のホームで駅員の男性の怒声が轟いたのです。

 

『ルール守れないんだったら、やめてくれよ!!』

 

この模様を撮影していた一般人がTwitter上で拡散させたのです。

 

これは所謂、炎上騒ぎになり、テレビメディアも動き出した位に一騒動になったわけです。

 

駅員は【撮り鉄】と言われる人々に絶叫

撮り鉄
画像はイメージです。

ホーム上には三脚を立てて、電車を撮影している客が沢山いたという。

 

これは【撮り鉄】と呼ばれるフリーク達だったようです。

 

撮り鉄[とりてつ]とは、「鉄道ファン」の中でも、とりわけ列車の写真撮影(画像・動画記録)行為を趣味とする層の総称である。

引用・ニコニコ大百科より

 

絶叫動画の駅員は、この撮り鉄の人々に向けて、怒鳴ったということになります。

 

豊田駅の撮り鉄は何故、ルールを破ったのか?

2016年8月30日の昼、
鉄道マニアに人気の国鉄115系電車の廃車回送が行われていました。

 

それは豊田駅の3番線、
東京方面行きのホームを通過していくことになっていました。

 

廃車の115系が機関車に牽引されていくという光景は、
撮り鉄たちにはたまらない光景なのだそうです。

 

事前に国鉄115系電車の回送が行われることを知っていた撮り鉄たちが、
駅のルールに違反している【ホーム上に三脚の持ちこみは禁ずる】の規約を破り、
撮影を開始しようとしていたのです。

 

電車を操縦する車掌は豊田駅3番線ホームの状況を見て、
運輸指令所(乗務員に業務指令を行うところ)に連絡。

『3番線にたくさんのカメラマンがいる。 後に入ってくる電車に影響がある。』

 

これは見事に当たってしまいます。

 

現に撮り鉄たちの目当てである国鉄115系が駅構内を通過した後に、
続いて到着する列車は停車を余儀なくされたのでした。

 

その時間は2分程度ではあったものの、
運行ダイヤが撮り鉄たちのルール違反によって、乱れたことは間違いありません。

 

こうした背景があったからこそ、
JR豊田駅で撮影された駅員絶叫動画は問題となったのです。

 

近年、撮り鉄のマナーが問題視されている

撮り鉄と呼ばれるカメラマンたちは、
目的である写真を撮る為に無謀な行為をとることが多いようです。

 

例えば目的の電車を撮る為に、侵入してはいけない場所に入り、
植物を踏み荒らすしたり、ゴミを散らかし放題だったりとか。

 

目的さえ果たせばあとは知らんぷりという感じで、
各地で撮り鉄のマナーが取りだたされているのです。

 

今回の豊田駅での駅員の男性も、
以前から撮り鉄のマナーの悪さに嫌悪感を持っていたのでしょう。

 

しかし、これがTwitterを中心に炎上騒ぎとなり、
理不尽な展開を呼んでいたりする側面もあったりするのです。

 

良い写真を撮る為にも、
常識的なルールやマナーは、撮り鉄の人々に限らず、守ってほしいものですね。

 

Sponsored Link