ミスモンゴルこと上林愛貴と
【東京03】の豊本明長は事実婚の状態であっても、
入籍を済ませていない。

 

豊本明長と濱松恵の浮気が
FLASHによって暴露され、多くの関心を引いた。

 

以前から豊本と事実上の嫁である
上林愛貴の婚約を知っているファンは
騒動を知り、2人の現状を知ると

 

『結婚はまだしていなかったのか・・・。』
と、感じたのが見て取れる。

 

豊本明長とミスモンゴルは
何故、結婚に踏み切らないのだろう?

 

Sponsored Link

豊本明長とミスモンゴルについて

【東京03】で活躍中の豊本明長は、
小学生の頃から大のプロレスファン。

 

それはマニアの域に達しており、
雑誌【週刊プロレス】ではコラムを連載していた程に
膨大な知識を持っていることで知られている。

 

そんな豊本明長は女子プロレスにも造詣が深く、
女子プロレスラーとも人脈を築いていた。

 

その縁で女子プロレス界の新興団体【世界プロレス協会】で活躍し、
キャットファイトを世に知らしめたパイオニア・ミスモンゴルこと
上林愛貴と交際するようになった。

 

豊本明長とミスモンゴルの馴れ初め

交際した正確な時期は不明であるが、
2014年12月に新木場で行われた【世界プロレス協会・旗揚げ1周年記念大会】の時。

 

ミスモンゴルが会場に来場していた
豊本明長にリング上から逆プロポーズしたのは有名なエピソードだ。

 

この逆プロポーズをしたミスモンゴルの理由は
世界プロレス協会が旗揚げ1周年記念ということで、
会場を沸かせるための一種の演出でもあったと思えるのだが、

 

プロポーズを承諾した豊本明長は、
これにより婚約したこととなり、それから
2年以上の月日の中で既に結婚していると思われていた。

 

しかし、先日の豊本明長と濱松恵のFLASHの不倫報道で、
豊本はミスモンゴルと結婚はまだしておらず、
事実婚の関係であることが分かったのだ。

 

事実婚であるということは、ミスモンゴルは嫁であると言ってもいい。

 

果たして、何故、法律的にも
証明となるはずの結婚には至っていないのだろうか?

豊本明長とミスモンゴルが結婚しない理由

豊本明長は【東京03】が長い下積みを超えて、
現在、ブレイクしている言わば忙しい状況。

 

ミスモンゴルこと上林愛貴はプロレス団体の中心的人物であり、
それと並行して、がんの予防の運動をしている、こちらも忙しい状態。

 

結婚となれば、お互いの両親との顔合わせやら、
法律上の手続きや、結婚式などの打ち合わせなどに
時間とエネルギー、お金をとられてしまう。

 

お互いに有名人である以上は、
結婚となればそれらを飛び越えて、
入籍だけ済ますということは出来ないのだろう。

 

それに加えて、あくまで
お互いの愛情がしっかりしていれば、
紙切れ一枚の婚姻届はそれほど
重要視していないとも思える。

 

結婚とはお互いの関係を法律上でも誓い合う証であるが、
だからこそ、それが負担になることもある。

 

旦那となり、嫁となったのならば、
それは心境が変わり、それに伴って行動も
微妙に変わってくることになる。

 

現状維持が今、望んでいることならば、
心境を変えてしまうことは、あまり得策ではないだろう。

 

結婚するのが良い悪いではなく、
言葉だけでは言い表すことが出来ない
深い心情を重要視しているのならば、何も結婚などに拘ることもない。

 

案外、そう考えて
結婚に至っていないのかも知れないが・・・これは憶測の域を出ない。

 

おわりに

豊本明長と濱松恵のFLASHによる
不倫スキャンダルが発覚して一夜が明けた。

 


FLASHが発売されたのは2017年3月28日だった。

 

不倫相手の濱松恵は
お詫びと説明のコメントを出しているものの、
ミスモンゴルのツイートはそれに関しては全く触れていない。

 

ミスモンゴルは豊本明長と
濱松恵のスキャンダルに関しては、
大きな心を持ち、騒ぎが静まるのを
じっくりと待っている様子である。

 

Sponsored Link