香川照之が離婚したという報道がなされた。

 

離婚に至る原因や理由などが
明かされていないわけだが、果たしてどうしたのだろう?

 

香川照之の家族の詳細と供に、
何があったのかを考察してみよう。

 

Sponsored Link

香川照之の離婚

香川照之は1995年12月に
元日本航空国際線のキャビンアテンダントの智子夫人と結婚。

 

2004年に長男の政明が生まれ、
その後に娘も誕生し、現在は2人の子供がいる。

 

香川照之と智子夫人は以前より、
離婚を決めていたということであり、
その話し合いは2年間にも及んでいたという。

 

そして、2016年12月13日に
代理人を通じて、離婚が成立したという。

 

離婚原因や理由は?

香川照之と智子夫人の離婚するに至った理由などは明かされていない。

 

が、離婚報道からすると、その原因の特定は容易いだろう。

 

香川照之はストイックな生活を送っており、なんと6年間も休みが無い。

 

仕事人間であることは、非常に良いと感じるわけだが、
家庭を守る嫁としては、自分の存在意義に一抹の不安を感じるだろう。

 

報道によると、すれ違いという言葉が目立つ。

 

会話もスキンシップもない生活だった場合は、
最初は愛し合って結婚したにしても、いずれは
お互いの存在に疑問を生じはじめる。

 

おそらくこの離婚は嫁の
智子夫人から切り出したようにも思えるが・・・。

 

個人的な推測ではあるが、香川照之にどこか女性から見て
傲慢な振る舞いがある様に思えるのだが・・・。

 

香川照之の家族

香川照之の父は歌舞伎役者の市川猿翁であり、母は女優の浜木綿子。

 

しかし香川照之が3歳の頃に
父の市川猿翁の浮気が原因で離婚し、母の浜木綿子に引き取られた。

 

2011年に歌舞伎界に
進出した香川照之は、父の市川猿翁と和解。

 

そして2012年には息子の政明は
僅か8歳で歌舞伎役者として、香川照之と揃ってのデビューを飾ったという。

 

香川照之の娘に関しては、具体的な情報は公開されていない。

 

芸能の家庭で生まれて、
両親の離婚などから、かなり辛い生い立ちがある香川照之。

 

結局は両親と同じ道を歩むことになるというのは、
やはり血は争えぬということかも知れない。

 

おわりに

香川照之は非常に実力のある俳優であり、
筆者もすごく好きな男性芸能人の1人。

 

仕事熱心で一つ決めたら
それしか見えないという様な性格の様に思える。

 

離婚はお互いの人生を大きく変えるネガティブなものであるが、
それをしなければならない位の理由や原因が出来てしまったのは仕方がない。

 

しかし、父や母と同じことをして、
子供にも辛い思いをかけてしまうことには、
嫁と話し合って分かってはいたのだろうが。

 

が、別れを選んで、その後の人生が
間違いなく開けるといったことはよくある。

 

今後の香川照之の活躍には、
そういった影響は間違いなく現れてくるだろうし、
更に名演を重ねて欲しいものだ。

 

Sponsored Link