立石諒が引退するそうで、また一人、日本にメダルをもたらしたスポーツ選手が去っていく。

 

そんな立石諒はかつて炎上騒ぎを起こしており、相手のアイドルは誰なのかという話題があった。

 

引退の理由を紐解くと供に、過去の炎上騒ぎについてみていこう。

 

Sponsored Link

立石諒について

【名前】 立石諒(立石諒)

【生年月日】 1989年6月12日

【星座】 ふたご座

【年齢】 27歳

【出身地】 神奈川県藤沢市

【学歴】 慶應義塾大学・環境情報学部

【所属】 ミキハウス

【デビュー】 2010年

 

立石諒は2012年のロンドン五輪で銅に輝いたメダリストである。

 

学生時代からオリンピックを視野にいれたトレーニングをしており、ロンドン五輪前の2011年ユニバーシアードでは日本の金メダル奪取に貢献した。

 

昨年のリオオリンピックの代表選考に落ちたものの、東京五輪に向けて現役続行を決断していたが、2017年4月に引退を表明。

 

立石諒の炎上のアイドルとは誰か?

立石諒は水泳メダリストとして注目されていたが、それだけではなく過去に炎上騒ぎを起こしていた。

 

それはテレビ番組に出演した際に共演した板野友美に話したことで、公に言われるようになった話だ。

 

それは立石諒がツイッターでアイドルのフェスティバルに参加したことを報告した際に起きた。

 

立石諒はアイドルグループ【嵐】のライブを見れたことを、画像付きでツイートしただけだった。

 

しかしこのツイートに対して、熱狂的なジャニーズファンは激怒し、立石諒に以下の様なリツイート。

 

特に立石諒が違反していたわけでもなく、責められることは何もない。

 

しかし、芸能人や有名人の特権を使って自慢していると一部のジャニーズファンから敵視されて、炎上してしまったというのが顛末の様だ。

 

立石諒の引退の理由とは・・・

立石諒が現在、引退を発表したわけだが、その理由は以前から故障していた右肘にあった。

 

2014年には自身の爆弾とも言える右肘の手術をしたが、それでも芳しくなく、更には左肩と左膝も怪我を患った。

 

それは右肘をかばった故のことであるそうだ。

 

練習の時間をとるよりも、それら故障箇所のケアに時間を取られるとメディアに言っていたという。

 

2016年に引退した盟友である北島康介にも励まされながらの現役続行であったが、世界で戦えるレベルではないと退く気持ちを固めたという。

 

おわりに

立石諒が現役を引退するというニュースは、水泳選手を志している人間には俄かに動揺が走る報道だっただろう。

 

そして、かつて話題になった炎上騒ぎのアイドルが誰かというのは、女性ではなく【嵐】であったという答えもまた、ギャップを感じさせる内容だ。

 

引退しても、後進の指導や別の活動において、再起して欲しいものだ。

 

Sponsored Link