田中道子はドクターXで女優デビューしたモデルであるが、人気番組【踊るさんま御殿】で、トンデモナイ食生活を暴露。

 

日本人離れした理想的なスタイルを保っているのは、偏食のおかげであるといい、危険という声も挙がっているようだ。

 

しかし、実は偏食と言われていることが、体型を保つためには非常に効果的な方法であるともいえるのだ。

 

Sponsored Link

田中道子について

今日はダイバーシティで撮影してるよ☺✨ #instalike #instagood #tokyo #japan

田中 道子 Michiko Tanakaさん(@michikotanaka_official)がシェアした投稿 –


【名前】 田中道子(たなかみちこ)

【生年月日】 1989年8月24日

【星座】 おとめ座

【年齢】 28歳

【出身地】 静岡県浜松市

【血液型】 O型

【学歴】 静岡文化芸術大学

【所属】 オスカープロモーション

【デビュー】 2009年

 

田中道子は大学生の頃に【ミス浜松】のグランプリに輝き、ファッションモデルとして活躍。

 

2013年にはミス・ワールドの日本代表に選出された。

 

CMや雑誌などに登場した2016年からは女優に転身することを発表し、【ドクターX~外科医・大門未知子~】でデビューを果たした。

 

その後、写真集なども発刊し、バラエティ番組にも登場している。

 

田中道子の偏食ぶりとは?


田中道子は【踊るさんま御殿】にて、その通常では考えられない偏食ぶりを告白することが話題となっている。

 

水を飲まない事でも知られ、極端に甘党であることに加えて、食べ物を噛むということが嫌いな田中道子は飲料とジャムが食事であることを明かしている。

 

以前にバラエティ番組で明かした内容では、1日の摂取カロリーは約3144kcal。

 

その内訳が市販の紙パックのカフェオレ1.5ℓ~2ℓ、チョコレート、ジャム、カップラーメンなどであり、固形物を殆ど口にしていない。

 

これに対して専門家は咀嚼をしていないことで認知症の心配があり、更には歯周病が起きるとことを言及。

 

栄養が全く摂れていないことも指摘して、ビタミン不足によって生理的な機能が低下しストレスになるということも話していた。

 

更には老化へのスピードが早まるということも指摘している。

 

田中道子の偏食は実は合理的な部分も・・・

田中道子の美しいスタイルと容姿からは想像も出来ない偏食ぶりに、踊るさんま御殿では『ぐうたら』としているわけだが、実はこの偏食は合理的な部分もある。

 

極端な偏食ぶりばかりが注目されているが、実は田中道子はサプリメントなどでビタミン補給などを行っている。

 

栄養補給はサプリメントという早くて、効果的なもので補い、あとは流動食などで空腹を満たすというものは、臓器に負担をかけないという効果もある。

 

人間が最もエネルギーを消費するものは、実は消化である。

 

本来はエネルギーを補充するのに食べるわけだが、消化にエネルギーを著しく消耗するのが矛盾した人間の身体である。

 

実際に筆者もビタミンなどはサプリメントで補い、固形物を食べるのは一日に一回程度である。

 

トレーニングの際はプロティンなどでたんぱく質を補うことによって、時間も健康状態もさほど気を使わないで、20代の身体を維持している。

 

問題は咀嚼などによって、噛むという習慣がなくなるということであるが、これはガムなどを噛むことで防ぐことが可能である。

 

消化に多大なエネルギーを消費してしまっていることが、実は他の生活にも影響を与えている事は、あまり知られていない。

 

健康オタクや専門家などは真っ向から否定するかのような論理ではあるが。

 

しかし、栄養補助食品が進化がめざましい昨今、昔の食事方法の在り方がますます変わってきているのは間違いない。

 

田中道子の偏食は、体型維持の為には実は非常に合理的な部分もあるということが伺えるのだ。

 

おわりに

田中道子の偏食に対して、それは常識から外れているものであるからこそ、否定的な意見が目立つ。

 

それは踊るさんま御殿を見ても分かるように、人によっては辛辣な発言も展開されるわけだ。

 

だが、実際に多くの人間がそれを正しいと思っていることが、正解ということでもないということである。

 

偏食のメリットというのは、時間の節約にも繋がり、この全てが展開の早い時代に生きている我々にとっては、最も合理的な手段の一つであるということを理解しておいたほうがいいようだ。

 

Sponsored Link