声優の田中一成の突然の死去報道がネット上を駆け巡っています。

 

田中一成はアニメ【ハイキュー】の声優として、
アニメファンからはその美声が評判でした。

 

田中一成のこれまでと死因について見ていきましょう。

 

Sponsored Link

田中一成が死去

田中一成は1967年10月10日に大阪府で生まれたベテラン声優。

 

声優の名門事務所とも言える【青二プロダクション】に所属しており、デビューは1990年。

 

【キテレツ大百科】の端役でプロデビューし、暫くは大きな役柄は与えられなかった。

 

2002年頃より、ようやく役柄を与えられるようになり、
アニメ【コードギアス】の玉城真一郎役で注目されるようになる。

 

田中一成の死去は所属していた
青二プロダクションからの公式サイトで発表されたことが第一報であり、
これからの活躍が期待されていた田中一成の訃報に衝撃が走っているようだ。

 

ハイキューの声優・田中一成の死因

ハイキューの活躍で人気声優の仲間入りを
果たそうとしていた田中一成の死因は脳幹出血とされる。

 

田中一成の死因である脳幹出血というのは、
突然、発症する極めて恐ろしい脳出血の一種である。

 

最近、田中一成は自身のTwitterなどを更新していたり、
活動の告知をしていたりしており、全く身体に異常などは無かった。

 

おそらく突然、起きてしまったものであり、田中一成は不運以外の何物でも無い。

 

次は田中一成の出演作品を具体的にみてみよう。

 

 

田中一成の声優としての活動

3日前まではTwitterで告知もしているのに、
あまりに突然の死去にファンは騒然のようだ。

 

ファンやネットの反応は最後に紹介するとして、これまでの田中一成の声優としての出演作品は以下の通り。

・仙界伝 封神演義(黄飛虎)
・天使な小生意気(藤木一郎)
・プラネテス(星野八郎太)
・コードギアス 反逆のルルーシュ(玉城真一郎)
・BRAVE10(三好清海入道)
・ハイキュー!!(烏養繋心)

役柄をもらいだしたのは、割とつい最近であり、
それまでは下積みが多かった田中一成。

 

端役の声の主演を含めると、
デビューから100作品は出演しているのだ。

 

やっと声優としての力が認められてきて、
これから羽ばたく時だったのに、非常に残念で無念だったろう。

 

 

田中一成の死去に対してのネットの反応

 

 

著名な芸能人たちからも、田中一成の訃報を惜しむ反応があるようだ。

 

心より田中一成さんのご冥福をお祈り申し上げる。

 

Sponsored Link