高田万由子の実家は
由緒正しい家柄であるのは有名だ。

 

明治時代から由緒正しい家柄であるが、
父親の情報を求めるユーザーが多い。

 

高田万由子の実家と
父について紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

高田万由子について


【名前】 高田万由子(たかたまゆこ)

【生年月日】 1971年1月5日

【星座】 やぎ座

【年齢】 46歳

【出身地】 東京都港区三田

【学歴】 東京大学

【所属】 研音

【デビュー】 1991年

 

高田万由子は裕福な家に生まれ、
所謂、お嬢様として育てられた。

 

東京大学在学中に
篠山紀信の撮影による【週刊朝日】の
企画である表紙モデルに起用。

 

それが切欠で
ミノルタの広告モデルに起用されたのを
切欠にビーイングから歌手デビューする。

 

その後、テレビタレントとしてデビューし、
インテリぶりを発揮しつつ、1999年に
世界的ヴァイオリニストの葉加瀬太郎と結婚。

 

2人の子供に恵まれており、
現在も時折、テレビ番組に登場している。

 

高田万由子の実家が凄すぎて・・・

高田万由子の実家は
現在はすでに跡形もなく消え去っている。

 

元々は明治時代の日本混乱の際に、
武器や機械商人として財を成した【高田商会】なのだ。

 

【明治最大貿易商】の一つと言われたが、
跡地は現在の【虎の門タワーズオフィス】だ。

 

実家は元々は祖母の所有であり、
当時は時価200億円という途方もない
由緒正しい大正時代の名残を残す豪邸であったのだ。

 

高田万由子の父について

高田万由子の父の祐一氏は既に死去している。

 

生前の職業は高級外車の輸入販売をしていたそうであり、
名前は【UNION・高田商会】という会社の経営者だ。

 

死去した原因である
死因は不明であるものの、2004年に他界しているという。

 

実は高田家に婿養子であったそうで、
明治の豪商の家系なので一般人でありながら、
そうした情報までも明らかになっているのだ。

 

父の経営していた会社は現在も存続しており、
ベンツやロールスロイス等の高級会社の販売だけではなく、
カーコンサルタント業務も手掛けているという。

 

高田万由子の実家と父の裏話

高田万由子の実家は
明治の豪商として名が知られた高田慎蔵。

 

が、大正になり高田慎蔵が亡くなり、
関東大震災により【高田商会】は潰えてしまった。

 

商会とは名ばかりの財閥となっており、
店が無くなってもその影響力は大きかったのだという。

 

高田商会が潰えた時の代表が高田釜吉であり、
娘は北岡家に嫁がれたわけだが、
その子供が高田万由子の父親の祐一氏なのだ。

 

祐一氏は成人した後に、
高田に婿養子入りし、高田姓を名乗ったのだと言う。

 

非常に複雑な背景がある
高田万由子の実家や父についての詳細。

 

これは落日の豪商の物語として、
未だに語り継がれている逸話なのだ。

 

Sponsored Link