高須クリニックの高須克弥院長が
現在、癌(がん)にかかっていることを、ツイッター上で告白し波紋を呼んでいる。

 

しかもそれは全身がんであるという
ショッキングな告白であったが、本人は非常に
明るく振舞っている様子である。

 

ここでは高須克弥の癌などに関する
ツイッターの発言などをまとめてみようと思う。

 

案外、高須克弥は癌による余命などには
打ち勝ってしまうのでは?と、感じることであろう。

 

Sponsored Link

高須克弥について


【名前】 高須克弥(たかすかつや)

【生年月日】 1945年1月22日

【星座】 みずがめ座

【年齢】 73歳

【出身地】 愛知県西尾市

【血液型】 O型

【学歴】 昭和大学医学部

【所属】 高須クリニック

【活動】 1976年

 

高須克弥の家柄は
代々、医師の家系であり、父を早くに亡くしている。

 

祖母は小児科医、母親は産婦人科医であり、
その影響を強く受けたものの、幼い頃の夢は漫画家であったという。

 

大学時代には空手とアイスホッケーを
こよなく愛する武闘派であり、この頃に一度、結婚している。(2010年に死別)

 

大学卒業後は整形外科医を目指したのは、
家族や親族の誰もが進まなかった道である為。

 

ドイツに渡り、最先端の整形外科を学んだ後、
日本に帰国後に高須病院を開設したのは1974年。

 

当時、日本の形成外科は遅れをとっており、
加えて美容業界を結び付ければ、トップになれると感じて
美容外科医に転身し、高須クリニックを開設した。

 

その後、メディアなどにも登場し、
ブランディングなども絡めて経済的に大成功を収める。

 

年収50億円を突破したこともあり、
バブル崩壊のあおりを受けて100億もの負債を抱えたものの、
たった10年で完済するという離れ業をやってのけた。

 

1990年には高須クリニックの会計責任者の不手際で、
所得税法違反の両罰規定によって裁かれ有罪に。

 

20億円の追徴課税が課せられたが、
名古屋国税局として個人では史上最高額であり、
負の記録ではあるものの未だに破られていないという。

 

医師としての他に僧侶や慈善活動などにも精を出しており、
最近、ツイッターでは趣味の麻雀を楽しむ投稿をしていることでも注目されている。

 

高須克弥がツイッターで癌を告白している!

高須克弥は頻繁にツイッターで
自身の日常の様子を投稿している。

 

9月27日、ツイッター上にて、癌を抱えていることを
告白しており、他界した樹木希林を例に出している。

僕は何ヵ所も癌があります。 樹木希林さんと似たようなものです。

引用:高須克弥ツイッター 2018年9月27日 19:15 投稿分より

これに対して多くのフォロワーなどが、
高須克弥に励ましと心配の声をツイッター上で寄せている。

 

樹木希林と同じ様な状態であり、
何カ所もということは、その癌は全身に広がっていることは間違いない。

 

更に高須克弥は4年前にも癌を患っていたことも、
別の日に改めて告白している。

 

それは尿道癌であったそうで、
現在は抗がん剤治療も受けているということであった。

 

高須克弥のツイッターを見ていると全身癌とはいえ余命は関係なさそう

高須克弥が全身癌を患っていると知った
ツイッターのフォロワーなどから、その余命などを勘ぐらせる声も上がっている。

 

しかし、当の高須克弥は全く動じずに、
その活力の高さを見せつけるツイートをしている。

一般の人:院長の考えているよりは深刻な事態だろうな。ここは治療に徹していただこう。

高須克弥のリプライ:ご心配くださりありがとうございます。 自分の考えている通りだと思います。 軽くはありませんが深刻な事態ではありません。 今日も東京の高須クリニックで沢山手術しました。とりあえず大丈夫です。

引用:高須克弥ツイッター 2018年9月29日 3:42 投稿分より

高須克弥は多い時で1日に70人の
美容整形手術をこなすことでも知られる、怪物的な医師でもあったりする。

 

ツイッターでも自身の癌は軽くはないと公言していても、
深刻ではないと言い放ち、東京で多くの手術を
こなしたことも言い放っている。

 

個人的には抗がん剤治療をしているというところが、
少々、引っかかるところではあるが、高須克弥はプロの医師である為に、
よく分かった上でそれを選んでいるということか・・・。

 

普通に高須克弥は天寿を全うしそうな印象を受けてしまい、
余命などは全く感じさせない元気一杯の御仁に見える。

 

高須克弥がツイッターで癌を告白のまとめ

高須克弥はツイッターで逆にステージⅣの
母親を持つフォロワーを励ます位の落ち着きぶりを見せているのが印象的である。

 

高須克弥には癌という重病であっても、
敢えてそれを受け容れることによって、
余命をもろともしない生命力を生み出しているようにも感じられる。

 

病は気からという諺はあるが、
全身に広がる癌を抱えながらも、手術台に立ち多くの人間を救っている
高須克弥が恐ろしくカッコイイお爺ちゃんに見えてしまうのだが・・・。

 

Sponsored Link