原晋は青山学院大学に
箱根駅伝を3連覇を達成させた監督だ。

 

それと供に大学駅伝3冠を達成したということもあり、
そんな原晋監督にも注目が集まっている。

 

子供が嫌い?と、いう情報もちらほらあるのだが、果たして・・・。

 

Sponsored Link

原晋・監督について

原晋(はらすすむ)は1967年3月8日に広島県三原市で生まれた。

 

広島県立世羅高等学校を経て、
中京大学へ進学し、中国電力に就職したキャリアを持つ。

 

中学生の頃から陸上競技をはじめ、
高校駅伝では世羅高校の主将を務めて、
全国高校駅伝では2位の実績に貢献。

 

中京大学に進学後は、
原晋は大学3年生の頃には日本インカレ5000mで
堂々3位の記録を作り上げる。

 

大学卒業後も陸上選手を兼ねて、
中国電力に入社し、全日本実業団駅伝の主将として
出場に貢献するも、怪我などの故障に悩まされ、5年後に引退。

 

原晋は伝説の営業マン

原晋は陸上競技一本で学生のころから生きてきたために、
サラリーマンの実務をすることは、とてつもないストレスがかかった。

 

そのストレスからかアスリートらしからぬ、
暴飲暴食に走り1年で30kgも体重を増えて、
陸上界から追放されたという語っている。

 

原晋はそんな満たされなかった陸上への想いを、
仕事に切り替えることにしたそうで、中国電力・山口営業所に配属。

 

その後、営業所では
一番の売上を達成するほどの実績をあげた。

 

伝説の営業マンと言うのは、
あくまで原晋が自称しているものであるそうだが、
決してそれはオーバーなものではないのだそうだ。

 

原晋に子供がいない理由は嫌いだからか?

原晋は1995年に結婚している。

 

名前は原美穂といい、
現在は青山学院大学の選手たちの寮母となっている女性だ。

 

結婚当時は、原晋は陸上から離れて、
営業マンとして多大なストレスを抱えていた時期だったが、
それを懸命に支えていたという。

 

原晋と原美穂の間には、
長年支え合ってきた中であってお、子供はいなかったようだ。

 

実は原晋は子供が嫌いなのでは?と、いうことも囁かれているが、
自分たちの子供よりも、若い陸上選手の育成などに原晋も原美穂も人生を捧げており、
子供を作るということに前向きでは無かったのではないだろうか?

 

自らの子供はおらずとも、
子供と触れ合う機会に恵まれている原晋や寮母の美穂には、
自分の子供の存在理由などはどうでも良かったのかも知れない。

 

おわりに

現在、青山学院大学が駅伝3連覇を
達成した事が大きく取り上げられている。

 

原晋監督はその偉大な記録に
チームを導いたことで注目を集めているわけだが、
子供がいないことが意外な事実として明らかになっている。

 

今後も絶対王者として青学を
駅伝の強豪チームとして君臨し続ける為の
原晋の采配が今後も注目されるだろう。

 

関連記事

↳ 箱根駅伝の結果予想! 2017年の注目出場校は?!

 

Sponsored Link