埼玉県草加市で少年犯罪が発生し、物議を醸しだしている。

 

この犯行で男性一人が命を落とし、女性も重傷をおい、15歳の高校生の少年が犯人として逮捕された。

 

果たして犯人の少年の犯行動機は何だったのか? 名前や顔写真画像の有無を供にみていこう。

 

Sponsored Link

草加市の少年犯罪の事件概要とは?

事件を報じたのはNNNニュースからだ。

3日深夜、埼玉県草加市のアパートで男女2人が高校生の少年に刺される事件があり、1人が死亡した。警察は4日朝、少年を緊急逮捕した。

警察によると3日午後11時半頃、草加市のアパートから「妹と妹の彼氏が刺された」と110番通報があり、警察官が駆けつけると、室内で男女2人が刃物のようなもので刺され血を流して倒れていた。

2人は病院に搬送されたが、西山康介さん(16)が死亡、少女(16)もケガをしたが意識はあるという。

警察は刺された男女の知人で三郷市内に住む高校生の少年(15)を殺人と殺人未遂の疑いで4日朝、緊急逮捕した。警察は交際をめぐるトラブルがあったとみて調べている。

引用:NNNニュースより

気になるのは室内で事件が起きているということだ。

 

と、いうことは事件発生前は3人で西山さん宅で遊んでいたという可能性がみてとれる。

 

被害者のカップルもまだ16歳という若い年齢であり、犯人の少年も同世代の男性であるのは、非常に注目すべきところだ。

 

草加市の犯人の少年の名前や顔画像、高校は?

草加市の少年犯罪の犯人の少年の名前や顔画像などは、当然のことながら報道では明かされていない。

 

また高校生であったということであり、通っていた高校は現在、大問題になっていることだろう。

 

犯人の少年は三郷市在住という事であり、通っていた高校は三郷市内の高等学校である可能性もみてとれるが、これも明らかになっていない。

 

しかし、Twitterなどで少年のことを知っている人間が詳細を拡散する可能性もあるので、何か判明したら追記することにしよう。

 

次は逮捕された少年の犯行動機などを考察してみよう。

 

草加市の事件・高校生の少年の犯行動機は?

犯行現場は草加市旭町のアパートで起きた事件。

 

場所はTwitterなどで既に特定されているようだ。

 


現在、この地区も大騒動になっていると思われるが、そもそも犯人の少年が何故、この様なショッキングな犯行を起こしたのだろう?

 

おそらくは三角関係のもつれ・・・と、いうよりは一方的に少年が被害者の女性を想い嫉妬に狂ったことによる犯行とみて差し支えないと思う。

 

被害者の少女は元、犯人の三郷市の高校生の交際相手であったという。

 

少年犯罪の多くは、無知であるが故におきる卑劣なものが多いが、このケースもそれにもれずに発生した事件であるといえる。

 

恋愛をしてその想いが好きな人物に届かないということは、よくあることだ。

 

愛情が大きければ大きいほど、それが届かなかった場合には、愛情は嫉妬と憎悪に変わり、時として想像を絶する感情のパワーを呼び起こす。

 

今回の犯人、三郷市の高校生の少年もそれに当て嵌まっていると感じる。

 

被害者のカップルと、彼らが住んでいる自宅に入れるということは、おそらくは仲の良い友人関係になったと感じる。

 

嫉妬に狂ったあまりに、以前から親しい関係にあった友人を手にかけてしまうという悲劇。

 

愛情はそのベクトルが誤れば、時に凄惨な事態を引き起こすということが、この事件からお分かりになるだろう。

 

おわりに

草加市の少年犯罪の結末は、非常に悲劇的な顛末となってしまったが、無知ゆえに起きてしまったことであると言ってもいい。

 

犯人の少年の名前や顔写真画像などは、万が一、Twitterなどで知る人間の手によって明らかにされることもあるかも知れない。

 

世の中には男性の数と同じくらいに女性も存在している。

 

何故、他に目を向けて、自分なりの幸せを作りにいかなかったのか?が悔やまれる。

 

もしも、犯人の少年が他に目を向ける気持ちがあったならば、自分の人生を狂わせることもなければ、被害者も出さずに済んだわけである。

 

だが、少年によるこうした犯罪は、どこか切ない心境に駆られる部分もあり、非常に残念極まりないと説に感じる。

 

Sponsored Link