汐田雄介という男性が同僚の女性に対して犯行を行ったことが話題となっている。

 

阪神梅田の神戸屋では一体、何が起きていたというのか?

 

汐田雄介の顔画像やFacebookの有無を調べるとともに、錯綜する情報をみていこう。

 

Sponsored Link

汐田雄介の犯行概要とは?

事件を報じたのは毎日新聞である。

4日午後0時20分ごろ、大阪市北区梅田3の阪神梅田駅改札近くの地下通路にあるパン店「神戸屋阪神梅田駅店」で、「若い女性が刺された」と110番通報があった。

店内で女性が後頭部などを切りつけられ、救急搬送された。命に別条はないとみられる。大阪府警の警察官が現場に急行し、切りつけた男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

男は、大阪市中央区玉造2の汐田雄介容疑者(22)。被害者の女性は28歳で、汐田容疑者と同じ神戸屋の店員だった。

府警は女性が何らかのトラブルに巻き込まれたとみて詳しい状況を調べている。凶器はパン切り包丁で、女性は全治10日間のけが。

同店前の地下通路付近は規制線が張られ、電車の利用客や買い物客らで騒然となった。被害者の女性は頭に包帯を巻いて、ストレッチャーで病院に搬送された。男は捜査員に取り囲まれて、パトカーに乗せられた。

就職活動のため通りかかった藤井寺市の大学4年の男子学生(21)は、「黒髪の男が駅員4人に押さえ込まれて、観念した様子だった。梅田の中心でこんな事件が起きて怖い」と驚いた様子。

「男が大きな声で叫んでいたとも聞いた」と話した。

引用:毎日新聞より

汐田雄介は同じ同僚の女性に対して、何かの怨恨があったと思われるが、詳細は現在のところは明かされていない。

 

汐田雄介のFacebookや顔写真画像は?

汐田雄介のFacebookは同姓同名のユーザーは多数、いるものの、今回、逮捕された汐田雄介を特定するユーザーは発見できなかった。

 

これだけ騒動になっている事件であるが、被害者の女性が無事ということもあり、報道メディアも汐田雄介の顔写真画像を報道する可能性は薄いかも知れない。

 

しかし、汐田雄介は何故、同僚の女性従業員を狙ったのだろうか?

汐田雄介と梅田・神戸屋の女性とはどんな関係があったのか?

汐田雄介は大阪梅田の神戸屋で働いていたが、歳も6つも離れた女性従業員を襲った理由は何だろう?

 

お互いに同じ仕事に従事しており、供によく分かっている間柄なのだから、この様な突発的な凶行に及ぶことは常識的に考えられない。

 

あくまで外目から見ればの話。

 

梅田・神戸屋の店内では、どのような力関係がそこにあったかは分からないが、犯行内容から見てみると、女性従業員は汐田雄介の先輩にあたる立場なのかも知れない。

 

仕事上のトラブルや人間関係の在り方の相違などで、お互いにストレスを抱え合う間柄だった可能性もある。

 

些細なことが切欠で、今まで鬱積していたものが爆発した汐田雄介は、同僚の女性に凶行に及んだと思えないだろうか?

 

あくまで情報が少ない現在の段階での憶測であるから、続報で詳しいことが分かった時には追記するとしよう。

 

おわりに

汐田雄介の突然の凶行は現在、多くの人間に動揺を呼び込み、世間がこの事件の背景に注目しているようだ。

 

Facebookや顔写真画像などは、今のところは判明していないにせよ、インパクトが大きければ大きいほど、警察や報道メディアなどもそれらを明かす可能性もある。

 

何にせよ続報が気になるところである。

 

Sponsored Link