白石隆浩の被害者となった
9人の男女の身元が全て判明し、新情報が浮上。

 

被害者の顔写真画像も公開され、実名も公開されている。

 

ここではそれらをメインに最新情報を紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

白石隆浩の被害者の画像と身元とは?

白石隆浩の被害者となった
若き男女たちの名前と顔写真画像が報道メディアから公開。

 

これによって、多くの謎が解明に近づき、更なる詳細が判明している。

 

白石隆浩の被害者 最初の犠牲者カップル

画像引用:朝日新聞より

白石隆浩の被害者・三浦瑞季さんの顔写真画像だ。

 

年齢は21歳で神奈川県厚木市の会社員であった。

 

失踪したのは2017年8月22日火曜日ごろ。

 

最初の被害者と目される女性である。

 

ツイッター上で白石隆浩と出会った後に、”失踪します、やり直したい”という書き置きを残した。

 

その際、白石隆浩から同居を持ちかけられて、51万円のお金をアパートを借りる為に、口座に振り込んでいる。

 

現場となったアパートの契約時には、同席していたという。

 

父親が白石隆浩の彼女と言っていたのは、おそらく三浦瑞季さんであると思われる。

 

画像引用:朝日新聞より

白石隆浩の被害者の中で唯一・男性。

 

西中匠吾さん、神奈川県横須賀市の20歳の顔写真画像だ。

 

失踪したのは2017年8月29日の火曜日ごろ。

 

ロックバンドのベーシストであり、
『マック』という愛称で大阪などでライブ出演をしていた。

 

三浦瑞季さんと交際関係にあったと
一部のメディアでは報道されていた。

 

一方では単なる知人であり、
三浦瑞季さんが行方不明になった時に、
白石隆浩に行方を確認。

 

その後、命を奪われたという。

 

白石隆浩の被害者・19歳~26歳

画像引用:朝日新聞より

白石隆浩の犯行が明らかになった切欠の被害者。

 

ネット上では『ひない』で
通っている23歳の田村愛子さんの顔写真画像。

 

2017年10月23日・月曜日ごろに失踪。

 

彼女の兄が動かなければ、
事件は現在も継続して行われていた可能性が高い。

 

画像引用:FLASHより

埼玉県春日部市の26歳・藤間仁美さんの顔写真画像。

 

2017年9月24日の日曜日ごろ、失踪している。

 

近所の住人の証言によると内向的な性格であり、
旦那は愛想の良い人間であったという。

 

旦那との間には娘が一人いたが、2017年8月末に旦那と別居。

 

その後は越谷市の店で接客業の仕事をしていたという。

 

勤務先の店長はこう語る。

経験はあると言っていましたが、初めてだったんじゃないかな?

勤まるか不安でした。

(9月13日未明)

いつもの時間より早く帰らせてほしいと。

迎えが来ますからと言っていた。

新たな彼氏か?と、聞くとええ、まあと。

引用:FLASH 2017年11月28日号より

 

店からは姿を消したのは9月13日。

 

その後、知人にはツイッターで
知り合った人に会うともらしていたという。

 

ネット有志の中には、藤間仁美さんは旦那と離婚して、
鬱になったという様な情報を記しているが、
実際には離婚はしてはおらずに別居中の身であった。

 

画像引用:朝日新聞より

神奈川県横浜市の25歳・丸山一美さんの顔写真画像。

 

2017年10月28日・水曜日ごろに失踪した。

 

白石隆浩が住む座間市から
程近い人間であった為に、標的に選ばれた線も濃厚。

 

中学時代はいじめに遭っており、
それ以来、不登校生であったという。

 

最近、コンビニでアルバイトをはじめるようになっていたそうで、
母親にはコンビニでの愚痴をよくこぼしていたという。

 

画像引用:朝日新聞より

埼玉県所沢市の19歳・更科日菜子さんの顔写真画像。

 

都内の私立女子大の2年生であったという。

 

小中学生時代は内向的であったそうであり、
被害者の中では最も情報が少ない女性でもある。

 

次はもっとも最新情報が多い
3人の女子高生の被害者について見ていこう。

 

白石隆浩の被害者 女子高生3人

画像引用:朝日新聞より

福島県福島市の17歳・須田あかりさんの顔写真画像。

 

2017年9月27日水曜日ごろに失踪している。

 

某週刊誌の情報によると、
家出癖があり、昨年末にも家を出て
数日間連絡がとれないこともあったという。

 

父親が語るところによると、
その時はネットで知り合った
女子大生の家に転がり込んでいたという。

 

しかし、最後は白石隆浩の元に身を寄せて、
最悪の悲劇を迎えてしまった。

 

画像引用:朝日新聞より

埼玉県さいたま市の17歳・久保夏海さんの顔写真画像。

 

9月30日の土曜日に買い物に
出かけたきり行方不明になっていた。

 

県立高校の2年生で
合唱部に所属していたという。

 

真面目で大人しい印象であったが、
同級生の話によると、彼女の弟が非行に走り、
家庭が荒れていたことを悩んでいたという。

 

更に4月頃に様子が変わり、
母親が『もう学校に行きたくない』という久保夏海さんのパソコンを覗くと、
死にたい、逃げたい”と書かれていたという。

 

これが心の隙間を生み、
白石とツイッターでやり取りする
切欠となってしまったのか・・・?

 

画像引用:朝日新聞より

群馬県邑楽町の15歳・石原紅葉さんの顔写真画像。

 

2017年8月28日の月曜日ごろ消息を絶った。

 

県立高校の美術家に通っていたが、
8月28日の夜に片瀬江ノ島駅周辺で消息が途絶えた。

 

その後、家族がポスターなどを作り、
駅などに貼り情報提供を呼びかけていたという。

 

だが、クラスメイトの証言によると、
両親とあまりうまくいっていなかったそうであり、
よく家出をしていたという。

 

だが、1週間くらいで戻ってきていたという。

 

最後の家出が白石隆浩と一緒であったことから、
悲惨な末路を辿ることとなってしまったようだ。

 

おわりに

白石隆浩の被害者の全てが
顔写真画像と供に、全て身元が判明した。

 

これにより、事件の全てが解明される日も近いといえるだろう。

 

最新情報から分かるように、
若き乙女たちは非常に傷つきやすく、
その心にはつけこまれやすい隙間が出来やすいのは明白。

 

白石隆浩はその心の隙間に潜り込んで、
ツイッターを駆使して洗脳していき、
欲望を叶える為だけに、被害者たちの身体と命を蹂躙したのだった。

 

更に詳しいショッキングな情報が
まだ出てくると思われる白石隆浩が起こした座間9人事件は、
どの様な方向に向かっていくのかに注目が集まる。

 

Sponsored Link