大竹しのぶは誰でも知っている程の超演技派の女優だ。

 

明石家さんまの元嫁であり、子供ももうけたが、
過去には別の男性と結婚し、息子を産んでいた。

 

娘のIMALUと同じ様に芸能人なのかと言えば、そうではないらしい。

 

Sponsored Link

大竹しのぶの息子・二千翔

大竹しのぶの息子の名前は変わっている。

 

二千翔と書いて、『にちか』と呼ぶそうであり、最初の旦那と供につけられた名前だ。

 

1985年二千翔は産まれて、現在は31歳。

 

とても幼少時代は勉学に重きを置き、
慶応大学を卒業した後、渡米しアメリカの企業に就職していたようだ。

 

後に日本に帰国後は芸能事務所である有限会社エスターの副社長に就任。

 

大竹しのぶの息子の職業

有限会社エスターは母の大竹しのぶが所属する芸能事務所であり、
非常に評価が高い事務所として評判。

 

多くのタレントを擁しないが、エスターに所属したいという
芸能人の卵たちが多いのは、ネットでは結構、有名だったりする。

 

それも大竹しのぶや息子の二千翔の運営方法の賜物だろう。

 

息子の二千翔は副社長だが、
それと並行して母の大竹しのぶのマネージメントも受け持っている。

 

以前は妹のIMALUのマネージメントも行っていたが、
IMALUが所属事務所を移籍した為に、現在は業務上の繋がりはないようだ。

 

大竹しのぶの息子の父親は?

大竹しのぶは明石家さんまを旦那に迎える前に、一度、結婚を経験している。

 

相手はTBSのドラマを担当していた
ディレクター・服部晴治であり、彼とは1982年に結婚した。

 

3年の夫婦生活を経て、息子の二千翔が誕生したが、
父親の服部晴治は2年後に癌性腹膜炎によって他界する。

 

息子の二千翔がまだ3歳にも満たない幼児だった為に、
相当、大竹しのぶは辛い想いをしたのだろう。

 

ちなみに当時の報道では大竹しのぶの旦那である服部晴治は、
既に妻がいたが、大竹しのぶが彼を前妻から略奪したというゴシップがあった。

 

果たしてこれが真実なのかどうかは、
今となっては知る術がないのだが・・・。

 

大竹しのぶと息子のまとめ

幼少の頃、既に本当の父親がいなかったわけだが、
再婚相手の明石家さんまは、実子のIMALUよりも
連れ子の二千翔を可愛がっていたのだそうだ。

 

そんな心優しいさんまと離婚はしてしまったが、
決して嫌いになって分かれたわけではないので、
現在も非常に良い関係を築けているのだという。

 

大竹しのぶの息子の二千翔は母が芸能人であっても、
自身は一般社会人なので、私生活は極力、公開しないようにしているようだ。

 

31歳で確固たる役職を持っているのならば、嫁や子供がいてもおかしくはないのだが。

 

関連記事

↳ がんを克服した小堺一機の息子・翔太の彼女が いまるってホント?

 

Sponsored Link