神山繁は亡くなる直前まで、京都で療養していたという。

 

京都とは最初の嫁と出逢ったゆかりの地であり、
その後はドリフターズで後に名優となった、
いかりや長介と熱い親交があったという。

 

神山繁の知らざれるエピソードを紐解いていこう。

 

Sponsored Link

神山繁が京都に拘っていたのは

神山繁は広島県呉市の出身であるが、晩年は京都に住んでいた。

 

1987年に供に舞台で共演をし、結婚した嫁の文野朋子と死別。

 

その後は京都に移り住むようになった。

 

俳優活動からは離れていたものの、
京都には東映の撮影所があったことから、移り住んだと思われる。

 

当時は神山繁は東映の映画や、
テレビ時代劇に起用される仕事が多かったからだろう。

 

そこで出逢ったのが、再婚した女性であり、
場所は太秦映画村だったという。

 

再婚した女性は過去に結婚歴があったそうで、
当時はすでに旦那がいない状態。

 

お互いに愛する者と別れた過去をもっていることで、
共感するものがあったようだ。

 

神山繁にとって、京都はゆかりの地であり、
非常に思い出深い場所として鮮烈に残っていた筈。

 

その後は本格的に俳優として活動を再開させて、
現在の我々が知る神山繁が出来上がったのだろう。

 

かつて神山繁は文野朋子とは
おしどり夫婦として、非常に評判だった。

 

再婚相手の女性とも、晩年は同じ様に
お互いを愛し合っていた関係だったであろう。

 

神山繁は非常に愛妻家であったことが伺える。

 

神山繁といかりや長介の関係について

画像引用:yahoo.co.jp

神山繁はフジテレビの大ヒットドラマ
【踊る大捜査線】で共演した、いかりや長介とは
役者として戦友とも言える仲だった。

 

が、二人の関係は非常に古く、
いかりや長介がドリフターズとして
コメディアンだった頃から親しい関係であったのだ。

 

お互いの自宅に招きあう程に、親しい間柄であり、
供に芸能について語り合い、切磋琢磨していたという。

 

素敵な信頼関係を築き上げていたようで、
それが後に【踊る大捜査線】で見せた絶妙な
掛け合い演技を作り出していた様だ。

 

ベテラン俳優同士の類まれなる友情は、
非常に男心をくすぐる気持ちの良い感情を抱かせてくれる。

 

おわりに

いかりや長介は、神山繁がかつて京都に移り住んだ時にも
親交を絶やすことなく、連絡を取り続けていたそうだ。

 

神山繁も、いかりや長介ががんで闘病生活を
病院で送っていた際、幾度となくお見舞いに訪れて
励ましていたのだという。

 

そして神山繁も旅立たれてしまったわけだが、
もしも、本当に天国があるのならば、きっと二人は
今頃、熱くその気持ちを語り合っているのではないだろうか?

 

関連記事

↳ 神山繁は再婚していたのか? 死去の死因とアウトレイジの代役は誰になるのか?

 

Sponsored Link