佐竹秀樹は長崎県佐世保市の露天商で働く男だが、逮捕されている。

 

例によってFacebookや顔写真画像の有無を見ていくと供に、犯行動機や背景に何があったのかを考察していこう。

 

Sponsored Link

佐竹秀樹が逮捕された概要は?

事件を報じたのは朝日新聞である。

長崎県佐世保市白岳町の元自動車関連会社の敷地内で10日夜、元経営者の朝重(ともしげ)隆次(りゅうじ)さん(66)=佐世保市大和町=が殺害された事件で、県警は11日、佐世保市小佐々町黒石の露天商アルバイト、佐竹秀樹容疑者(30)を強盗殺人容疑で緊急逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

県警によると、佐竹容疑者は10日午後7時50分ごろ、出刃包丁で朝重さんの腹部などを刺し、顔を何度も殴って殺害し、朝重さんから現金などを奪った疑いがある。

10日午後8時半ごろ、元会社敷地内で血を流して倒れている朝重さんを、訪問した人が見つけ110番通報した。朝重さんは、首や腹部に刺し傷があり、死因は、出血性ショックだった。

県警は佐世保署に捜査本部を設置。敷地内から刃物1本が見つかっていた。

県警によると、朝重さんは、車の販売など、自動車関連の仕事をしていた。

会社は廃業したが、その後も自動車保険の代理業などを請け負っていたとみられる。

県警によると、佐竹容疑者と朝重さんは面識はあったといい、県警の調べに「包丁で刺したり殴ったりして現金を奪ったことは間違いありません」と供述しているという。

聞き込みなどから浮かび、捜していたところ11日午前、佐世保市内で身柄を確保した。

県警や知人らによると、朝重さんは趣味で飼うハトなどのえさやりのために元会社を度々訪れていた。

10日朝に妻と予防接種を受けるため病院に行った後、車で自宅に妻を送り届けた。

その後、元会社へ向かったという。

現場はJR佐世保駅から東に約4キロ。

店舗などが立ち並ぶ国道から脇道に入った場所で、周囲には事業所が点在し、住宅団地や老人保健施設もある。

引用:朝日新聞より

非常に凶暴性を発揮した犯行であるが、次はFacebookの存在や顔写真画像の有無をみていこう。

 

佐竹秀樹のFacebookや顔写真画像は?

佐竹秀樹は30歳の若者であると言うことで、Facebookユーザーである可能性が高いといえる。

 

同姓同名のユーザーはいるものの、長崎県佐世保市の佐竹秀樹という情報と合致するユーザーは発見できない。

 

また顔写真画像も警察や報道メディアからは発表されていないようだ。

 

しかし、これは明らかに凶悪な事件の為に、後に顔写真画像などが公開される可能性は充分あり得るだろう。

 

その時はまた追記という形をとりたい。

佐竹秀樹の犯行動機は果たして・・・

佐竹秀樹は被害者の老人からお金を奪っているが、その犯行内容は非常に憎悪を抱かせるくらいに執拗な方法をとっている。

 

しかも夜19時に会社の敷地内で犯行を行っていることからも、明らかに待ち伏せをしていた様にも思える。

 

元々は面識があったことから、何かの遺恨があった可能性も充分ありえると感じる。

 

被害者の老人がもっていたお金というものは、あくまでついでであり、本当は命を奪うということそのものに何か目的があったような概要だ。

 

そうなると、非常に強い恨みがあったと思えなくもない。

 

この事件は凶悪極まりない事件であり、現時点では謎が多い箇所もあるので、後に大きく報道メディアで取り上げられることが伺える。

 

おわりに

佐竹秀樹のFacebookの存在や顔写真画像の有無と供に、犯行動機などを考察してみた。

 

現時点では逮捕されたということだけで、具体的なことは発表されていないようだが、相当の怨恨があったようにも思える犯行内容だ。

 

自分の親と同じくらいに年齢が離れた人間を単純にお金の為だけに、ここまでするだろうか?

 

詳しい事実はいずれ判明されるだろうから、その時を待ちたいところだ。

 

Sponsored Link