佐々木節子というバレー選手をご存知だろうか?

 

現在でも日本の女子バレー選手たちは【
東洋の魔女】と言う異名で海外から呼ばれることが多い。

 

実は佐々木節子こそ、日本女子バレー団が
東洋の魔女と呼ばれる切欠を作った選手でもあったのだ。

 

Sponsored Link

佐々木節子が東洋の魔女と言われる理由

佐々木節子は今年で71歳。

 

現在でもオリンピックが開催される度に、
稀にメディアの場に出ることがある程だ。

 

何故ならば1964年に開かれた東京オリンピックに出場した
日本女子バレーボールチームのエースであったからだ。

 

佐々木節子は1944年10月16日に茨城県で生まれた。

 

大成女子高校を卒業してから、大学には進学せずに一般企業に就職。

 

日紡貝塚のバレーボール選手として、全日本代表選手として選抜。

 

173cmのバレー選手としては小柄な体格であるが、
持ち前の勝負根性でチームメイトをグイグイ引っ張っていきました。

 

佐々木節子だけではない東洋の魔女たち

佐々木節子だけが東洋の魔女と言われていたわけでは無く、
あくまで日本女子バレー選手たちの全てを指している。

 

元々は東洋の魔女と呼ばれていたのではなく、
【東洋の台風】とか【東洋の魔法使い】と呼ばれていた。

 

1961年に行われたヨーロッパ大会遠征に出場した
佐々木節子が所属する【日紡貝塚女子バレー団】は、何と遠征時には
22連勝という驚異的な記録を叩きだした。

 

その頃、世界で日本と並ぶ程に強豪として言われていたのが
ソ連(現・ロシア)の女子バレーチーム。

 

佐々木節子率いる日本女子バレーチームの快進撃を見た、
ソ連の報道機関が外電を出した時に【東洋の魔女たち】という表現を使った。

 

つまり、佐々木節子だけではなく、
当時、供に活躍した藤本祐子や谷田絹子なども
東洋の魔女と呼ばれていたのだ。

 

 

佐々木節子の現在

佐々木節子は現在、金メダリストという肩書きと実績から、
バレー選手の心構えや指導などを交えた講演活動を行う傍ら、
自然に囲まれて生活しているのだという。

 

また全日本ドッグランサービス協会なる団体の会員でもあり、
協会の広報などで佐々木節子のコラムが読めるので検索してみて欲しい。

 

ミニチュアダックスを飼っており、
クーと名付けた愛犬と供に静かに暮らしている佐々木節子も確認されている。

 

どうやら現在は独身のようだが、過去に東洋の魔女と言われた程の
知名度を誇った日本の誇りである女性が、現在、独身というのも不思議に思う。

 

佐々木節子が現在も独身なのは?

佐々木節子の私生活における情報は
全く持って公開されていないようなので、現在は憶測しか出来ない。

 

それを踏まえた上で考えてみると、
選手として活躍していた遠き過去から、
恋愛に対して非常に奥手な性格になってしまったのではないか?

 

結婚適齢期を過ぎて、男性を意識するよりも日々の生活と
社会貢献に気持ちが働いて、独身を貫き通しているのかも知れない。

 

また、以前に結婚はしていたのかも知れないが、
旦那と死別している可能性もあるだろう。

 

仮に死別して旦那と別れたのであれば、
その頃にはだいぶお年を召された年齢であったであろうから、再婚なんか考えるわけがない。

 

東洋の魔女・佐々木節子の現在は
自ずと出演するテレビ番組で明らかになるとは思うが。

 

Sponsored Link