砂川啓介が死去したという報道が入り、
波紋を投げかけている。

 

以前からがんを患っていたことは知られていたが、
死因はやはりがんであったのだ。

 

大山のぶ代には浮気も認められていた背景には、
ある悲劇があったから故のことであったが・・・。

 

Sponsored Link

砂川啓介が死去・・・

砂川啓介の死去を最初に報道したのはスポニチアネックスである。

俳優の砂川啓介(さがわ・けいすけ、本名山下啓一=やました・けいいち)さんが11日午前4時10分、尿管がんのため東京都港区の病院で死去した。80歳。東京都出身。砂川さんは「ドラえもん」の声で知られる大山のぶ代(83)の夫。葬儀・告別式は、砂川さんの遺志により近親者で執り行った。

引用:スポニチアネックスより

砂川啓介と言えば、声優の大山のぶ代との暮らしを告白した
著書【娘になった妻、のぶ代へ】で、その壮絶な介護生活を
赤裸々に告白したことで話題になっていた。

 

しかし、この度
、その大山のぶ代よりも先に死去してしまうとは、
何とも無念であったろう・・・。

 

砂川啓介の死因は?!

砂川啓介は以前からがんを患っていたことでも知られている。

 

2013年2月に初期の胃がんが早期発見されて、
手術によって完治したように思えたものの、
2016年には尿管がんが発見。

 

これが理由で大山のぶ代を
老人ホームに入居させるという決断に至ったのだ。

 

去年末には、テレビ番組に登場した際には
小康を保っている事を述べて、
妻への気持ちも変わらず持ち続けながら、
俳優生活をしている元気な姿も映しだされていた。

 

しかし、この度、所属事務所から
患っていた尿管がんが死因であることが
発表されたのだった。

砂川啓介は浮気を認められていたという・・・

砂川啓介は大山のぶ代からは、
かつて浮気を認められていたという。

 

一体、どんな夫婦なんだ?と思われるかも知れないが、
これには壮絶な過去があるのだった。

 

砂川啓介の夢というのは、
子供に囲まれて豊かな
家族生活を送るということであった。

 

しかし、結婚してから大山のぶ代が
身籠った子供はすぐに亡くなるという悲劇に見舞われた。

 

これまでに2児を大山のぶ代は妊娠しているが、
最初は死産として流れてしまい、
2番目の女児は未熟児として世に出てきた。

 

ところが、先天性の心臓疾患により、
たった3ヶ月で命が潰えてしまった。

 

更には大山のぶ代は医師から
妊娠すると母体が危険であるという
告知を受けてしまったのだ。

 

これを踏まえて、砂川啓介と
大山のぶ代は夫婦生活を40年間行うことが
無くなっていたという。

 

そして、大山のぶ代は砂川啓介に、
これらが切欠でこういったという。

他の女性と浮気してもいいのよ。

私はもう、あなたの子供を産んであげられないから、他の女の人と遊んできてちょうだい。

それに加えて、更に

隠し子がいても引き取って育てたい。

と、言っていたことを、
砂川啓介は著書の中で告白していたのだ。

 

この時のことを砂川啓介も別紙で述べている。

結婚後5、6年くらいたっても、子供ができなかった。

そして、もし今度妊娠すれば母体が危ないことがわかり、僕の夢だった子供を断念せざるをえなくなったんです。

それ以来、カミさんの体には触れていなかった。

そんなこともあって、ふだんの生活は妻というよりも姉か、時には母親の感覚でいたことは事実なんです。

引用:アサ芸プラスより

こうした悲劇的な夫婦の過去が、
少々、変わった浮気公認というスタイルを作り出していたという。

 

あまりにも切なすぎるその背景には、
まさに絶句してしまう衝撃を感じずにいられない。

 

おわりに

砂川啓介が死去し、死因がやはり
以前から患っていた尿管がんであるということが分かった。

 

大山のぶ代には浮気を認められていながらも、
その愛情は変わらず年々、日を追うごとに強くなっていったのは、
誰もが知っていることである。

 

非常に無念である気持ちが伝わってくるものだが、
今はただ砂川啓介のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

Sponsored Link