大隅良典さんがオートファジーを
解明したということで、2016年のノーベル賞を授与されるそうです。

 

人類の繁栄に大きな進歩を成す
偉業をやってのけたということでしょうね。

 

そんな大隅良典さんが研究してきた
オートファジーを分かり易く解説すると供に、
出身高校や大学などについても触れてみます。

 

Sponsored Link

大隅良典が2016年のノーベル賞をとったオートファジー

citizenjournal-content-image

大隅良典さんが分子レベルで解明したといわれるオートファジー。

 

これは自食とも呼ばれるヒトの細胞の中にある生理現象の一つであり、
我々が栄養をとる環境が劣悪な場合、自然にタンパク質のリサイクルを行ったりする現象。

 

また、細胞内に侵入したウイルスをはじめとする
病原体を排除する生理機能にも関係しているのがオートファジーです。

 

つまり、我々の身近にあるもので例えるならば、
がん細胞の増加や老化していくことへの抑制にも関係しているということです。

 

このメカニズムを解明したということは、
あらゆる疾患の原因解明と治療方法の編み出しに繋がるということです。

 

つまり大隅良典さんは、人類が今まで以上に進化する為の
医学的視野からの研究に大きく貢献したということです。

 

オートファジーには様々な種類がある

オートファジーと一言でいっても、その中にも色々な種類があり分類されているのです。

 

・マクロオートファジー

・ミクロオートファジー

・シャペロン介在性オートファジー

・ペキソファジー

・マイトファジー

・ゼノファジー

 

これら全ての構造が入り組み働くことにより、
我々の体内に起きている細胞分裂による自然治癒などが行われているのです。

 

自食というのは少々、過激とも思える言い方ですが、
細胞が栄養を取り込み分解して、新たなヒトの活力を生み出す。

 

それは一人の人間の中で常に行われている現象なので、
確かに自食という言葉は当て嵌まりますね。

 

大隅良典の出身高校

大隅良典さんが2016年のノーベル賞を
とるきっかけとなったオートファジーは非常に難しいです。(当たり前か・・・)

 

こんな緻密で細かすぎることを研究していることから、
かなりの学歴をもっていると思われます。

 

大隅良典さんの出身高校は福岡県立福岡高校です。

 

偏差値でいうと70であり、
福岡県内の高校の偏差値ランキングではトップ10に入る高校です。

 

高校時代の大隅良典さんは
非常にまじめな学生であったと公言しているようですが、
少々、イタズラっ子だったようです。

 

高校時代は化学部に所属しておられたのですが、
薬品を混ぜて面白おかしく遊んでいたそうです。

 

これって一歩間違うと大事故に繋がると思うのですが、
こんな遊びも実はその後の研究に大きく役に立っていたのかも知れませんね。

 

大隅良典の出身大学

大隅良典さんは現在は東京工業大学栄誉教授です。

 

出身大学は泣く子も黙る東京大学であり
教養学部基礎科学科を出ています。

 

大学を卒業したあとは、
すぐに東京大学の大学院に進み、理学研究科に進みました。

 

そして理学博士の学位を取得した際には、
京都大学へいき学んだりもしていたそうです。

 

人類の歴史に名を残す偉業を達成したということで、
大隅良典さんの家族も誇らしいでしょうね。

 

今は興奮冷めやらぬ夜を迎えている
大隅良典さんだと思いますが、本当におめでとうございます。

 

Sponsored Link