慶應義塾大学の奥田敦教授に
対してスキャンダルが報道されている。

 

週刊新潮が何と奥田敦が教え子の女子大生を洗脳した
挙句、不倫関係に引きずりこんだということを暴露。

 

wikiなどの経歴にはイスラムの文字が目立ち、
危険思想があったような感が拭えないが・・・。

 

Sponsored Link

奥田敦 教授について

引用:yahoo.co.jpより

【名前】 奥田敦(おくだあつし)

【生年月日】 1960年??月??日

【星座】 不明

【年齢】 57歳

【出身地】 神奈川県

【血液型】 不明

【学歴】 中央大学院

【所属】 慶應義塾大学総合政策学部教授

 

奥田敦は法学者として、慶應義塾大学にて
教授という立場にありながら、敬虔なイスラム教徒である。

 

またシリア国立アレッポ大学学術交流活動・日本センターの副所長も兼任。

 

主に中東と日本を繋ぐ要人としても、知られている様だ。

 

奥田敦のwikiの経歴とは?

  • 1960年神奈川県生まれ
  • 1984年中央大学法学部法律学科卒業
  • 1986年中央大学大学院法学研究科修士課程民事法専攻修了
  • 1990年中央大学大学院法学研究科博士課程民事法専攻退学
  • 1990年国際大学助手、国際大学中東研究所専任研究員
  • 1993年〜1999年シリア国立アレッポ大学アラブ伝統科学研究所客員研究員
  • 1999年〜2005年慶應義塾大学総合政策学部助教授
  • 2005年〜慶應義塾大学総合政策学部教授、中央大学博士(法学)
  • 2017年週間新潮が女子大学生との洗脳不倫疑惑をスクープ

引用:Wikipediaより

奥田敦のWikiなどに記載されている経歴をみると、
非常に輝かしい経歴の持ち主であることが伺える。

 

更には作家として数作の書籍を出しており、
そのいずれもがイスラム教に関わることであり、
イスラムの要人の著作も翻訳なども手掛けているのだ。

 

奥田敦教授の洗脳不倫を週刊新潮が暴露!

奥田敦のスキャンダルを取り上げたのは新潮社であり、
2017年9月7日発売分の週刊新潮によって、その全容が明かされる。

 

内容は追記するとして、
要約すると以下の様になる。

 

・慶応大学に通う2年生の女学生に、2016年秋頃に奥田敦教授が接近。

・奥田敦教授に勉強に集中する様に説かれ、サークル活動も辞めて、自宅への帰宅が遅くなった女学生。

・更にはそれまで交際していた彼氏とも別れを告げて、大事にしていた私物すら遺棄するようになる。

・その後、自分の親に対して否定的な言動を吐くようになったという。

・『先生とだったら世界征服もできそう。』、『死ぬのが怖くなくなってきた。』などのメモを残していた。

・女学生の両親が探偵に調査依頼すると、女学生が研究室といっていた先は奥田敦の自宅マンション。

・奥田敦教授の妻と女学生の両親が奥田敦教授のマンションに集い、洗脳された女学生の奪還劇が行われたのが8月17日。

 

ちなみに奥田敦教授の嫁は、
過去にも奥田敦は同じことをゼミの生徒に
していたということを、週刊新潮側に打ち明けている様だ。

 

更に詳しい内容は改めて記載することにしよう。

 

おわりに

奥田敦教授は目星をつけた女学生に立場を利用して、
近づき自身の思想や知識を織り交ぜた洗脳を彼女に施して、
意のままに操っていたということなのか?

 

非常に気になるのは、女学生が
両親に残したメモ書き『世界征服』と言う四文字だ。

 

いかにもイスラム過激派が好んで使いそうな文字であり、
世界的に有名で実績もある奥田敦教授は
実は危険思想を持っているのではないのか?

 

そんなことを彷彿とさせる
今回の週刊新潮の洗脳不倫疑惑であるが・・・
詳しい内容は追記することにする。

 

Sponsored Link