岡田康志さんという日本が誇る天才がいらっしゃいます。

 

時折、テレビメディアでも取り上げられる方ですが、彼についた異名が

 

『東大史上最も天才』

 

そんな天才・岡田康志さんに対する注目が集まる事柄は、やはりIQと家族のようです。

 

Sponsored Link

岡田康志のIQは推定200以上?

citizenjournal-content-image

岡田康志さんのIQはどの位だろう?という疑問は、
彼に関心があるユーザーが知りたいところです。

 

岡田康志さんが灘中学に入学し、
1年生の頃に図ったIQテストの結果は162だったということです。

 

これは1981年当時、灘中学の過去10年間において
歴代トップの結果だったという記録があります。

 

ちなみにギネスブックにのっているアメリカの作家である
マリリン・ボス・サバント氏が、同種のIQテストを受けた時は186だったそうです。

 

マリリン・ボス・サバント氏がギネスブックに
認定されているIQは228であることから、
これに及ばないまでも現在の岡田康志さんの
IQは200以上あるのではないか?と囁かれています。

 

IQ=知能指数は一般的に年齢も
考慮された状態において算出されるものであり、
IQが即ち人間の頭の良さを決めるものではないのです。

 

ですが、多くの著名な科学者の多くがIQが高いことから、
漠然的に頭の良さを分かり易く表す指標として、
未だにIQが重要視されている傾向はあります。

 

岡田康志以外の有名な日本人のIQ

世界中の人間の平均IQは100前後と定められており、
IQ50から70は軽度の知的障害とされています。

 

IQ35から50は中度知的障害、
IQ20から35は重度知的障害と分類されています。

 

岡田康志さんは天才と謳われ、
高いIQを誇っていたという記録が残っていますが、
他の日本人の有名な方はどうなのでしょう?

中山エミリ 女優、タレント

IQ 116

中田英寿 元サッカー選手

IQ 128

松木安太郎 元サッカー選手で現在は解説者

IQ 128

ビートたけし 映画監督、お笑いタレント

IQ 132

所ジョージ コメディアン、俳優

IQ 138

岩崎ひろみ タレント、女優

IQ 154

大前研一 経済評論家、経営コンサルタント

IQ 216

やはり有名人の多くはIQが高い傾向が見てとれるようです。

岡田康志の家族

全くといっていいほど明らかにされていませんね。

 

岡田康志さんの輝かしい経歴を見る限りでは、
確実に両親がいて、割と裕福な家庭で生まれたことは間違いなさそうです。

 

ご本人もプライベートは一切、公表せずに、
ブログすらない状態なので、全く世相などに興味がなさそうですね。

 

あくまで研究と学問の徒として、生涯を終わらせる様な雰囲気が見て取れます。

 

天才・岡田康志の驚くべきエピソード

家族や恋人などの話が全く出てこないことから、
もしかしたら現在も独身を貫いているのかも知れません。

 

とにかく岡田康志さんには一般人の我々を圧倒するエピソードが満載なんですよね。

 

灘高校の名物【読書マラソン】では他の生徒が数千ページで終わっている中、岡田康志だけは30万ページを読破。

東京大学に入学する為の受験勉強を一切、していなかった。

高校2年生の頃に、既に東大模試のテストで全国1位をとっていた。

 

勉学に人生をかけている人間の中では、神の様な存在である岡田康志さん。

 

現在は理化学研究所の細胞極性統御研究チームのリーダーとして、
我々が全く目にすることが出来ない場所で、人類の為の研究を重ねているそうです。

 

地味であまり脚光を浴びることがない場所で、
確実に人類の為になる研究をしている彼が
いずれノーベル賞などを取る日があるのかも知れません。

 

Sponsored Link