野中広務は元官房長官であり、昭和の影を知り尽くしている政治家であると囁かれていた。

 

ここでは現在まで噂されている野中広務の正体についてと、死去した死因などについて紐解いてみよう。

 

Sponsored Link

野中広務について

画像引用:mainichi.jp

野中広務(廣務)は大正12年10月20日に生まれ、旧制京都府立園部中学校(現・京都府立園部高等学校)を卒業後、国鉄に勤務し、大阪梅田の審査課に配属。

 

この時に当時、局長を務めていた佐藤栄作と出会い、政治に関心を持ち、その後は青年団活動を経て、竹下登や浜田幸一と親交を深めた。

 

田中好衆院議員の秘書となり、町政に関わったのち、園部町議員から町長となり地方政治に貢献。

 

その後、1983年に中央政界に進出し、初当選。

 

その後は竹下登の支援などをうけて、国政に深く関与した数多くの要職を歴任。

 

1994年には村山内閣にて初入閣を果たし、1996年の橋本内閣では幹事長代理、1998年の小渕内閣では官房長官を務めた。

 

2000年にはその力はピークを迎えて、2003年に小泉支持派と激しく対立したものの、敗れて政界から引退した。

 

政界引退後は平安女学院大学の客員教授として招かれ、更に2009年には立命館大学の客員教授にも就任し、全土連などの公職も兼任。

 

2012年に自民党に政権復帰をしたが、2016年に野中広務も政治家として自民党に復党した。

 

野中広務の正体とは?

野中広務は数多くの黒い噂がある。

 

政治家になってからは、数多くの大物政治家と親交を深めて、政界の暴れん坊、郵政族のドンとして政治力を奮ったものの、後に小沢一郎一派と対立。

 

様々な噂が飛び交ったものの、自身は総理を狙える立場にいながら、あくまで縁の下の力持ちの立場を崩さなかった。

 

野中広務と親交のあった政治家の殆どはスキャンダルによって政界から退いていった為に、野中広務がブレーンとして陰で暗躍しているという噂も出ていた。

 

だが、それは親中、新韓の考えに基づく自民党ハト派の戦争反対や平和主義に基づいたものでありが故のゴシップであると可能性が高い。

 

だが、昭和終盤や平成の政治界の中枢に食い込んでおり、凄まじい影響力を持っていたことは間違いなく、そのベールが明かされることは今後もないのかも知れない。

 

現在は野中広務の正体は売国奴と揶揄されているが、あくまで外交を円滑にする為の一つの顔であると考えられる。

 

2016年に91歳で再び政界に復帰したのも、そうした影響があってのことだろう。

 

野中広務が死去! 現在、死因が?

野中広務が死去前にこうした報道があった。

元自民党衆院議員で官房長官や党幹事長、京都府副知事などを務めた同府南丹市(旧園部町)出身の野中広務氏(92)が27日午後9時すぎ、京都市下京区のホテルで倒れ、近くの病院に救急搬送された。関係者によると、意識不明の状態という。

引用:京都新聞より

この後に病院で死去したわけだが、現在はその死因が

 

小泉内閣誕生以前の影のドンと言われた野中広務であるが、最後もやはり乞われて政治家として死去したのは、正に仕事冥利に尽きるといった具合か。

 

おわりに

野中広務の正体は様々な憶測とベールに包まれているが、決して政治家特有の金と女にまみれた汚らしいものではない。

 

あくまで自分自身の政治思想に基づいた上で、自らは表に立たない様に裏で政治を支えていたということに他ならないのではないだろうか?

 

死去し、死因も  なった現在はただひたすら野中広務のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

Sponsored Link