野際陽子の若い頃はぶっちゃけて言って、
凄まじいほど美人である。

 

テレビなどで知名度を上げてきた際には、
既に意地悪な小姑の印象が強かったが、
実は若い頃はミニスカートをはいて
歌手などもしていたのだ。

 

アナウンサーから女優に転身したのも、
その美貌がそうさせたといっても過言ではないのだ。

 

そんな野際陽子の若い頃の
画像をメインにお届けしていこう。

 

Sponsored Link

野際陽子は若い頃はアナウンサー


野際陽子は元々はインテリを
前面に押し出したNHKのアナウンサーであった。

 

語学に堪能だったために、
大学時代は英語を使った演劇などを好演している劇団にも所属していたので、
女優としてのバックボーンは既にあった。

 

NHKのアナウンサーの頃から、
花形美人アナウンサーであったようだが、
退職後は広告代理店に就職。

 

アナウンサーから女優というわけではなく、
一般女性として生活していた。

 

だが、やはり周りが
放っておくわけがなく、TBS側がスカウト。

 

特にTBSプロデューサーの大山勝美が、
野際陽子を女優に誘ったことからはじまった。

 

野際陽子の若い頃の画像が素晴らしい!


頭脳明晰、容姿端麗、芝居も出来るという
野際陽子を放っておく人間がどうかしているだろう。

 

つまり、なるべくして女優になったという様な
経歴に圧倒されてしまうわけだ。

 

女優だけではなく、
元々はアナウンサーであるから司会業、
雑誌モデル、歌手業、変わったところでは
画家が絵のモデルに野際陽子を
起用したという話もあるくらいだ。

 

そして、昭和の古き良き時代の頃、
野際陽子はある先駆的な試みをした
女性としても有名なのだ。

 

野際陽子が若い頃にミニスカートを履いたことが・・・

野際陽子がミニスカートを履いていたことは、
実はすごい話題となった。

 

現在ではミニスカートなんて
誰でも着用するファッションであるが、
時は昭和41年。

 

日本の女性のファッションマインドには、
とてもミニスカートを着用するなどといった
発想は無かった。

 

が、野際陽子は女優業に転身した後に、
パリのソルボンヌ大学に留学し、帰国時に日本の女性の度肝を抜いた。

 

それはフランス製のミニスカートを着用しており、
日本の女性にカルチャーショックを与えたのだ。

 

これらのことから、
日本人ではじめてミニスカートをはいた女性として
野際陽子が今でも称えられている。

 

ミニスカート効果は絶大で、
歌手の際、レコードリリースした時のジャケットを
見てもお分かりになるだろう。

 

おわりに

野際陽子の話題で持ち切りな現在であるが、
彼女の若い頃を紐解いてみると、
なかなか興味深いことも出てくる。

 

アナウンサー時代や、
往年の印象では考えられない
ミニスカート画像などは、非常に男心を
くすぐるのではないだろうか?

 

いじわるなお婆さんの役をやっていても、
この人は若い頃、すごく綺麗だっただろうな
と、思わせる女優であった。

 

それはおそらく若い頃に培った
インテリジェンスが、演技に出ていた為であろう。

 

本当に惜しい女優を亡くしたと、感じてやまない。

Sponsored Link