ノアコインは現在、プレセール中である
フィリピンが主役の仮想通貨である。

 

しかし、怪しいと評判であり、
仮想通貨に投資する多くのユーザーの大半が否定的である。

 

その裏側には一体、何があるのだろうか見ていこう。

 

Sponsored Link

ノアコインが怪しいと日本で何故、言われているのか?

ノアコインは100%詐欺であると
豪語するネットユーザーは多い印象がある。

 

それには大まかに分けて、2つの理由が現時点で考えられる。

 

現在、ノアコインは
第2プレセール期であるということを、
まず覚えておいてもらいたい。

 

一つは日本でノアコインを広めて、
販売を促しておりノアコインを絡めた案件を
送り出している某アフィリエイターが少々、関係しているようだ。

 

第1期プレセール期には、
某アフィリエイターやノアコインを推す、
他のユーザーはノアコインは国家プロジェクトで動いているという形で
日本の人間に売り込んでいた。

 

しかし、第1期プレセール期が終了後に、
フィリピン大使館がこれを否定しているということが発覚した為だ。

 

第1期の触れ込み時に言っていたことと、
実際は違うということが怪しいと言われている理由の一つであり、
その触れ込みを行っていたのが日本人であったこともポイントである。

 

ノアコインの怪しい理由は仮想通貨の95%が・・・

ノアコインに限らずに、そもそも現在、既存している
仮想通貨は2000種類あると言われており、
その95%が実態の無い詐欺通貨であると言われている。

 

これも、NHKが独自に取材して出した結論が
広まっているだけであったりするのだが、
確かに仮想通貨に現金を両替して痛い思いをした人間もいるのは間違いない。

 

しかし、それはリスクをとってリターンを得る投資というものと同じなわけで、
実際に最終的にリターンが見込めると判断し、
両替をしたのは自分自身である。

 

それが儲からずに、
投資したお金が戻らなかったということで、
発狂している人間もまた多いのだ。

 

自己責任以外の何物でもなく、
儲からなかった為に特定の仮想通貨を詐欺と揶揄するというのも、
どこか自己意識の低さが伺えるのだ。

 

また、特定の仮想通貨の登場にあやかり、
Webメディアなどを予め作って、前述した某アフィリエイターの様に
仲介に入って、セミナーやネットワークを作り上げて
お金を吸い上げるというシステムを作っている人間もいる。

 

そういった輩を仲介すれば、
高確率で購入者は損をすることになるのだ。

 

ノアコインの評判に与沢翼が絡んでいる?

ノアコインに絡んで現在、ドバイに
在住している与沢翼の名前もあがっている。

 

結論から言って、ノアコインの名前を
現在まで与沢翼は一言も口にしてはいない。

 

ちなみに与沢翼は彼のYouTubeチャンネルを見ても分かるように、
仮想通貨はビットコインですら規模が小さいことから
投資の対象外としている。

 

つまり、興味がないということである。

 

前記事のホリエモンのケースと同じように、
その名を借りてノアコインというものの知名度を上げようとする
一部のユーザーが、さも与沢翼が絡んでいると吹聴しているに過ぎない。

 

ノアコインの評判に批判があつまることの総括

またこういったタイプのユーザーも中にいる。

 

特定の商材やトレンドになっているものを否定して、
自分自身の商材やサービスに誘導する者は数多い。

 

ここで言うのであれば、
ノアコインの評判を下げることによって、
ユーザーの関心をひいて、メルマガ登録をさせたり、
商品販売ページに飛ばしたりなど。

 

加えてノアコインが
現在、プレセール期であることを機会にとり、
それに絡めたセミナーやビジネス商材をこしらえて売っていたり、
ネットワークビジネスの勧誘などに利用しているのだ。

 

ノアコイン自体、そのものはプレセール期であるものの、
公式サイト上から情報を得ることができるもので、
特に誰を仲介しなくても両替できるものだ。

 

結論から言ってしまえば、
ノアコインというポテンシャルを秘めた仮想通貨に割り込んで、
自分の商材やブランディングに利用している人間が
その評価を下げているのだ。

 

実際にはノアコインの価値が上がるかどうかは別にして、
投資対象となりえる数多い要素が沢山、含まれている。

 

ノアコインが詳しく解説されている公式サイトこちらから

あくまで仮想通貨に限らずに、
自分のお金を外に出すという行為には、
リスクがありリターンがあるのは当たり前だ。

 

だからこそ、最後は自分自身でしっかりと決めて、
投資という行動に出る必要があるのだ。

 

Sponsored Link