樽先智亜はボルダリングの選手であり、
2020年の東京五輪の優勝候補として名高い。

 

その驚異的な身体能力は、
動画を見れば明らかだが凄まじいものがある。

 

ここでは出身高校や大学、
経歴などを動画と供にお届けしよう。

 

Sponsored Link

樽先智亜について

【名前】 樽先智亜(ならさきともあ)

【生年月日】 1996年6月22日

【星座】 かに座

【年齢】 20歳

【出身地】 栃木県

【学歴】 栃木県立宇都宮北高等学校

【所属】 TEAM AU

 

樽先智亜は幼少の頃は器械体操で
身体の身体能力を養った人物であり、
現在のクライミングの基礎となっている。

 

兄の影響で小学5年生のころから、
クライミングの練習をはじめている。

 

15歳の頃、クライミングの大会に
出場し始め、高校卒業後には大学進学をせずに、
プロへ転向した。

 

2016年のクライミング・ワールドカップでは
ミュンヘン・重慶の2大会で優勝。

 

2020年に開催予定の東京オリンピックでは
優勝候補として、注目されているイケメン選手である。

 

樽先智亜は大学に行かずにプロの道へ

樽先智亜の最終学歴は高卒であり、
前述した通り、大学へは進学せずにプロ一本という
男らしい道の歩みをした。

 

まさにクライミングに命を懸けて
生涯を通じて取り組む気持ちでいるということだ。

 

樽先智亜の戦績などを引用してみよう。

  • 日本選手権リード競技大会 2位 (2017)
  • THE NORTH FACE CUP Men’s Division1 優勝 (2017)
  • クライミング世界選手権パリ2016大会 優勝 (2016)
  • クライミング・ワールドカップ 2016 (競技種別:ボルダリング) (2016)
    • ミュンヘン大会 優勝
    • ベイル大会 2位
    • インスブルック大会 2位
    • ナビムンバイ大会 2位
    • 重慶大会 優勝
  • クライミング日本選手権 3位 (競技種別:リード) (2016)
  • 全日本クライミングユース選手権 優勝 (競技種別:ボルダリング) (2015)
  • クライミング・日本ユース選手権 優勝 (競技種別:リード) (2015)
  • クライミング・アジアユース選手権 プトラジャヤ大会 優勝 (競技種別:ボルダリング) (2015)
  • クライミング・アジアユース選手権 プトラジャヤ大会 3位 (競技種別:スピード) (2015)
  • 第10回 ボルダリング・ジャパンカップ 3位 (競技種別:ボルダリング) (2015)
  • クライミング日本選手権 2位 (競技種別:リード) (2013)
  • 世界ユース選手権 シンガポール大会 4位 (競技種別:リード) (2012)
  • JOCジュニアオリンピックカップ 2位 (競技種別:リード) (2012)
    • JOCジュニアオリンピックカップ 3位 (競技種別:リード) (2011)

引用:TEAM AU 選手プロフィールより

噂にたがわぬ輝かしい戦績であると言えよう。

 

楢崎智亜の動画が凄すぎてヤバい!


過去に開催されたイベントに
ゲストで登場した樽先智亜の動画だが、
何も語る必要がないだろう。

 

そのあどけない顔立ちとは裏腹に、
凄まじい神業を披露する様は衝撃的ですらある。

 

海外で披露されたイベントの
動画も圧巻そのものである。

 

樽先智亜の驚異的な身体能力であるが、
見ていて非常に気分が良くなるのは不思議である。

 

おわりに

樽先智亜の経歴や動画などを紐解いてみたが、
さすがに大学進学を断ちプロに転向しただけあって、
並外れた選手であることが伺える。

 

道を一本に絞った人間はやはり、
若くしてその才能を開花できるのだろう。

 

誰よりも鍛錬し、
誰よりも意識を向けている樽先智亜の純粋さは、
その容姿にも表れている。

 

他競技に比べて目立たない印象がある
クライミングボルダリングであるが、
樽先智亜の様なスターが生まれることにより、
後に続く若い世代が出てくるのだ。

 

今後の活躍に是非、注目したい。

 

Sponsored Link