中園ミホさんと言えば【ドクターX~外科医・大門未知子~】の脚本を手掛ける現在、最も熱い脚本家の一人ですね。

 

今回はそんな中園さんの数奇な人生を綴ってみたいと思います。

Sponsored Link

中園ミホのプロフィールと経歴

中園ミホ

中園ミホさんのお顔ですが、なかなかのベッピンさんですよね。

 

そんな彼女のプロフィールは以下の通りです。

 

本名:中園美保(なかぞのみほ)

生年月日:1959年7月16日

出身地:東京都中野区

学歴:日本大学芸術学部

 

大学卒業後に広告代理店に就職するものの、その後は四柱推命の占い師になり、その中で知り合いになった著名な脚本家(田中陽造と桃井章)と知り合い、シナリオライターに転身。

 

1988年・岩城滉一さん主演のテレビドラマ【ニュータウン仮分署】で脚本家デビュー。

 

その後、未婚のシングルマザーとなりながら、フジテレビ系列のテレビドラマを中心に売れっ子脚本家の道を爆進することになります。

 

中園ミホが手がけた主なテレビドラマの脚本

 

・1988年 テレビ朝日【ニュータウン仮分署】

・1993年 フジテレビ【白鳥麗子でございます!】

・1995年 フジテレビ【For You】

・1996年 フジテレビ【Age,35 恋しくて】

・2000年 フジテレビ【やまとなでしこ】

・2007年 日本テレビ【ハケンの品格】

・2012年 NHK【はつ恋】

・2012年 テレビ朝日【ドクターX~外科医・大門未知子~】

・2015年 日本テレビ【Dr.倫太郎】

・2016年 NHK総合【トットてれび】

 

中園ミホの息子は何故、父がいないのか?

中園ミホ 作業風景

中園ミホさんはご自身が10歳の頃、父を病気で早くに亡くした辛い過去があります。

 

そして大学生の頃、19歳の時に母もやはり病気で亡くされています。

 

そんな家族運が乏しいかの様な人生を歩んでいる最中、脚本家としてのキャリアをスタートしますが、34歳の頃に認知されないままで子供を出産したのだそうです。

 

この出来事が脚本家を生涯の仕事としてやりぬくと決めた要因になったそうです。

 

中園ミホさんは占い師時代から脚本家の知人が多数いたそうなのですが、その中の一人に恋心を抱く様になった脚本家の男性がいるそうです。

 

その人と近しき存在になる為に脚本家になったとコメントを出していますが、おそらくはこの方との間に現在の長男が生まれたのではないかと思います。

 

中園ミホの息子が最大の批評家?

 

中園ミホさんの長男である息子さんは現在、22歳の大学生だそうです。

 

『身近にいる最もシビアな視聴者』と長男の息子さんの事を語る中園ミホさんですが、あまり口数は少ないタイプの男性で、滅多なことでは中園さんが手掛けたドラマを評価してくれないのだとか?

 

しかし、たまに評価を与えてくれることもあるそうで、それが何よりも嬉しいそうです。

 

そしてこの長男の息子さんが生まれたからこそ、シングルマザーとしての人生を生きる覚悟を決めて、自宅で仕事が出来る脚本家を選んだというのだから、正にそれも運命でしょうか。

 

主に【働く女性】をメインに脚本にこめている中園ミホさんは、きっとご自身の影をそこに込めて、長男の息子さんのこととその父の存在を考えながら、脚本をこれからも書き続けることでしょうね。

Sponsored Link