村田充の活動休止が大きな波紋を呼んでおり、
病気にかかっているという。

 

中には村田充の休止には薬疑惑も浮上しており、
薬中である・・・』とか『薬やってそう』という声も上がっている始末。

 

しかし、これは大きな間違いでありデマ。

 

村田充は耳の病気によって苦しんでおり、
それは明らかにされているのだ。

 

Sponsored Link

村田充が病気により活動休止

画像引用:never

村田充は2017年9月27日から
10月2日までの舞台【囚人】の主演を務めていた。

 

だが、舞台が終わった暁には
活動休止を発表しており、これが多くの噂を呼んでいたのだ。

 

しかし、現在は村田充の
オフィシャルコメントが出ているので引用してみる。

先々月 私は耳の病に襲われました 暑い日でした眩暈と吐気 気管支の弱さも重なって その日はずっと休んでいました。

演技中に様々な不具合が生じました 自信のないものをお客様に見せる事は失礼 そう思いますから 自信のあるものを作りました が やはり不具合との闘いはありました 正直に云えば この耳の状態で板に立ち演技をすることは難しい もう闘えない という実感です

今夏 我が身に起きたアクシデントが 早期決断をさせてくれました あの時お医者様は直ぐに入院をするべきですと仰っていましたから寧ろ遅すぎたかもしれませんが どうしても今日まで務めたかったので

引用:村田充のオフィシャルブログより

耳の病気ということが
村田充によって書かれたことで、ネット上で噂されている
薬疑惑は完全に否定されたということになる。

 

村田充が薬中であるというデマ・・・

村田充が薬中であるというデマが流れたのは、
前述した舞台【囚人】で活動休止を突然、発表したからである。

 

せっかくの主演舞台でその後には
更に仕事が舞い込む可能性があるにも関わらずに、
活動休止を告げたことで多くの疑念が生まれたのだ。

 

それに加えて村田充の休止の理由を
知ろうとする取材陣たちを相手にせずに村田は無視をした。

 

そんな様子をみて、一部が
村田充は薬やってそう』という疑念を生じさせたようだ。

 

確かに村田充の顔つきは、
普通とは違って病気をもっている
患者のような風貌といってもいい。

 

だが、イメージと全く関係が無い
薬というものを持ち出して結び付けるのは、
いささか問題であるとは思うのだが・・・。

 

村田充の耳の病とは一体、何か?

画像引用:seesaa.net

村田充はオフィシャルコメントでは、
耳の病とだけ書いており、
具体的な診断病名などは記載していない。

 

そうなると一体、耳の病とは
どのようなものであるのかが気になるところだ。

 

ふと考えつく限りで推測して見ると、
メニエール病、或いは前庭神経炎の二つが出てくる。

 

村田充は眩暈と吐き気をもよおしており、
耳に異常があるというニュアンスで決定づけているようだ。

 

メニエール病は内耳を満たしている液体が増えすぎると、
むくみを発生させて眩暈をおこし、
耳鳴りや聞こえづらいといった症状を出すもの。

 

かつて今井翼もこれにかかっている。 関連記事はコチラ

 

前庭神経炎とは風邪をひいたりしたことで
、血液の循環障害で前庭神経に
炎症がおきることによって発症するそうだ。

 

村田充はおそらくこうした耳の病気にかかり、
活動休止を余儀なくされたと思うのだが・・・。

 

おわりに

村田充には以前から多くのよろしくない噂があるが、
ついには薬中疑惑というのは非常によろしくない。

 

しかし本人から耳の病として発表があり、
こうした『薬中である・・・』とか
薬やってそう』という疑惑は晴れるとみていいだろう。

 

一刻も早く病気から完治して、
もとの怪演もとい名演を披露して欲しいものである。

 

Sponsored Link