村主崇行はかつてNHKの教育番組【サイエンスZERO】などにも登場していた理化学研究所の秀才。

 

この度、突然の死去が発表されて、関係者や科学の徒の面々は、一様に動揺を隠せないようだ。

 

死因は公表されていないようだが、若き教授になにがあったのだろうか?

 

Sponsored Link

村主崇行について

【名前】 村主崇行(むらにしたかゆき)

【生年月日】 1984年

【享年】 33歳

【出身地】 京都府

【学歴】 京都大学理学部

【所属】 理化学研究所・計算科学研究機構

 

村主崇行は宇宙物理学を研究しており、日本の未来を担う若き科学者として期待を背負っていた人物であった。

 

京都大学の白眉センターに残る自己紹介文には以下の様に書かれていた。

ファミコンと同い年です。最初は方眼紙で、プログラミングを覚えてからはパソコンで、たくさんのゲームを作りました。

僕の中では宇宙=コンピューター= 未来なんで、今は宇宙物理学を研究しています。

本プロジェクトでは新しい言語を作ります。

代数、物理学、積分法、高速化テクニックなど、シミュレーションに必要なあらゆる知識を、再利用/組み合わせ可能な抽象的な形で持つことができ、研究に必要なうんざりする長さのプログラムを自動的に書いてくれるような。

物理の知識と計算機科学の知識を橋渡しするような言語です。

抽象化と速度は相容れないという常識を覆し、抽象化こそがコーディング速度も実行速度も向上させることを実証します。

我々、凡人には到底、理解できないような学問を日夜、研究し、科学の発展の為に生きていた素晴らしい人物であった。

 

村主崇行の死因は一体、何だったのか?

村主崇行の死去の発表は神戸大学・理化学研究所の牧野淳一郎氏の発表からだった。

村主崇行(むらぬしたかゆき)殿(享年33歳)におかれましては、平成29年7月11日(火)御逝去されましたので、ここに謹んでお知らせします。

なお、葬儀等につきましては、ご遺族のご意志により近しい方のみで執り行われましたことを申し添えます。

また、弔問は辞退させていただきたい旨、お伺いしておりますので、ご配慮いただけるようお願いいたします。

どこか意味深にも思えるわけだが、死因については何も触れられていない。

 

かつては、NHKのテレビメディアなどにも登場し、若き秀才として注目を浴びていた村主崇行に何があったのだろうか?

 

村主崇行の死去に対してのネットの反応は?

突然の村主崇行の死去に関して、ツイッターなどでは多くの反応が寄せられていた。

・サイエンスゼロに出演してた村主崇行さん亡くなったのか・・・

・日本の未来、希望を担うお一人。村主崇行氏がお亡くなりになられました。ショックです。まだお若いのに残念でなりません 謹んでご冥福をお祈りします。

・村主崇行氏、まだ33歳。残念でならない。本人が一番無念だろう

・村主崇行氏が亡くなったそうです。 ご冥福を・・・ 

この様に村主崇行の研究していた難解な学問を理解できる人間たちの間では衝撃が走っている様だ。

 

おわりに

村主崇行の突然の死去の発表は、大きな波紋を投げかけている様子。

 

33歳という若さで何故、この世を旅立たなければならなかったのか・・・。

 

死因も伏せられているということで、いささか疑問も残る感もあるのだが、今はただお疲れさまでしたと言いたい。

 

村主崇行氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

Sponsored Link